デザインオフィスnendoとコクヨファニチャーがコラボレーション 新オフィス家具ブランド「ofon(オフォン)」を発売

PR TIMES / 2013年1月30日 17時17分

コンパクトオフィス向け組み立て家具をWeb等で販売開始



コクヨグループのコクヨファニチャー株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、コンパクトオフィス向けの新オフィス家具ブランド「ofon(オフォン)」を、1月30日からWebサイト等で発売します。「ofon」はプロダクトデザイナーとして国内外で活躍する佐藤オオキ氏が代表を務めるデザインオフィスnendoとのコラボレーションにより誕生しました。

「ofon」は、“小さい空間での仕事をとことん楽しむ”がコンセプトのコンパクトオフィス向けの家具ブランドです。仕事に集中する「ON」の時間と息抜きをする「OFF」の時間を行き来しながら、楽しく働いている方へという意味を込めて、「OFF」と「ON」を足した造語の「ofon」と名付けました。
「ofon」は、コンセプトメイクからnendoとコクヨファニチャーで行い、コンパクトオフィスで働く人たちが、自分たちらしいオフィスの雰囲気や働き方を具体的にイメージでき、空間全体の視点でオフィス作りを楽しめるように4つのスタイルを用意しました。
Webサイトでは、組み替え自在のデスクやボックス収納のオリジナルアイテム(計71品番※)と、ワークチェアやソファー等のセレクトアイテム(計43品番※)の全てのラインアップをご覧いただけます。「ofon」はコンパクトオフィスの人たちの、わくわくするようなオフィス作りをサポートします。
※取り扱い品番の一部は、2月発売予定を含みます。詳細はWebサイトでご確認ください。

●発売開始日:2013年1月30日
●販売方法:「ofon」Webサイト(http://ofon.jp/)及びオフィス用品通販「カウネット」(http://www.kaunet.com/)
●販売価格(消費税込):ボックス収納8,800円~、デスク14,900円~、ワークチェア14,700円~、他


「ofon(オフォン)」の特長

1.アイテム同士をコインでジョイントでき、簡単に組み替えが可能
「ofon」オリジナルアイテムは、デスクやボックス収納を中心とした、組替え自由のシステム家具です。オリジナルアイテムはコインで簡単に連結、組替えができるので、人の変化にも場所の変化にも柔軟に対応することができます。
同じアイテムの組替えで、様々な空間の使い方ができるだけでなく、オフィスの拡張も無駄なく組み合わせて使えるシステム家具です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング