世界初! ~ダイヤモンドビジネスに変革をもたらすシステム~ 銀座ダイヤモンドシライシ 輝きの評価システム導入

PR TIMES / 2013年5月23日 18時1分



 日本最大級の成約数を誇り、全国に35店舗を展開する、ブライダルダイヤモンド専門店の銀座ダイヤモンドシライシ(運営:株式会社シーマ、東京都中央区、代表:白石幸栄)はイスラエルのサリネ社が開発した「サリネライト」(ダイヤモンドの輝きの測定・分析システム)を利用したダイヤモンドの輝きを評価する鑑定書(サリネライトパフォーマンスレポート)を、世界初のサービスとして導入することを決定致しました。2013年4月23日(火)より首都圏店舗に導入し、随時全国の店舗にて導入予定です。
 サリネライトの発表に関してはサリネ社により、全世界で2013年4月23日(火)にリースアウトされました。サリネライトの導入により、ダイヤモンドの輝きは可視化する時代となり、ダイヤモンドビジネスに変革をもたらすと言われています。
 高品質なダイヤモンドをお客様に提供している銀座ダイヤモンドシライシだからこそ、導入できるシステムであると言えるのです。

【サリネライトパフォーマンスレポート導入 概要】
・対象:銀座ダイヤモンドシライシ全店
・導入開始日程:2013年4月23日(火) 首都圏より

■サリネライトパフォーマンスレポートとは 
 ダイヤモンドがどれだけ輝いているかを評価している鑑定書です。従来のダイヤモンドの品質評価基準「4C(カット<CUT>、カラー<COLOR>、カラット<CARAT>、クラリティ<CLARITY>)」という基準とは違います。カット評価が良いほうが輝くダイヤモンドだといえます。ただ、ダイヤモンドは天然の鉱物ですので、カット後の形だけでなく、原石がどのような環境で育ってきたか、内包物の位置・ダイヤモンドの色など、様々な要因で輝きは少しずつ異なります。
 輝きの評価とは、そういった要因を含めたダイヤモンドそのものが、どれだけ輝いているかを評価しているものです。カット評価も輝き評価もどちらも最高評価であるということは、世界で一番輝いているダイヤモンドだということです。


■電子タブレットを活用した店頭プロモーションに関して 
 サリネライトによって、測定データはすべてクラウド上で保存され、ネットにアクセスすることにより確認することができます。測定データをiPadなどの電子タブレットに表示させ、店頭でのプロモーションに活用することによって、強力なデジタルツールとして、ダイヤモンドの輝きをお客様にプレゼンテーションすることが可能になりました。また、鑑定書はiPhoneなどのスマートフォンからでもアクセス可能です。その結果、「デジタル鑑定書」を常に持ち歩き、SNSでシェアできるので、家族や友人と一緒に喜びを共有することができます。
 近年、ブライダル業界では、店頭に電子タブレットを導入する企業が増えています。ただ、業界内でもまだ比較的導入が進んでいないジュエリー業界の中で、銀座ダイヤモンドシライシでは、先駆的に導入を進めています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング