世界初! ~ダイヤモンドビジネスに変革をもたらすシステム~ 銀座ダイヤモンドシライシ 輝きの評価システム導入

PR TIMES / 2013年5月23日 18時1分



 日本最大級の成約数を誇り、全国に35店舗を展開する、ブライダルダイヤモンド専門店の銀座ダイヤモンドシライシ(運営:株式会社シーマ、東京都中央区、代表:白石幸栄)はイスラエルのサリネ社が開発した「サリネライト」(ダイヤモンドの輝きの測定・分析システム)を利用したダイヤモンドの輝きを評価する鑑定書(サリネライトパフォーマンスレポート)を、世界初のサービスとして導入することを決定致しました。2013年4月23日(火)より首都圏店舗に導入し、随時全国の店舗にて導入予定です。
 サリネライトの発表に関してはサリネ社により、全世界で2013年4月23日(火)にリースアウトされました。サリネライトの導入により、ダイヤモンドの輝きは可視化する時代となり、ダイヤモンドビジネスに変革をもたらすと言われています。
 高品質なダイヤモンドをお客様に提供している銀座ダイヤモンドシライシだからこそ、導入できるシステムであると言えるのです。

【サリネライトパフォーマンスレポート導入 概要】
・対象:銀座ダイヤモンドシライシ全店
・導入開始日程:2013年4月23日(火) 首都圏より

■サリネライトパフォーマンスレポートとは 
 ダイヤモンドがどれだけ輝いているかを評価している鑑定書です。従来のダイヤモンドの品質評価基準「4C(カット<CUT>、カラー<COLOR>、カラット<CARAT>、クラリティ<CLARITY>)」という基準とは違います。カット評価が良いほうが輝くダイヤモンドだといえます。ただ、ダイヤモンドは天然の鉱物ですので、カット後の形だけでなく、原石がどのような環境で育ってきたか、内包物の位置・ダイヤモンドの色など、様々な要因で輝きは少しずつ異なります。
 輝きの評価とは、そういった要因を含めたダイヤモンドそのものが、どれだけ輝いているかを評価しているものです。カット評価も輝き評価もどちらも最高評価であるということは、世界で一番輝いているダイヤモンドだということです。


■電子タブレットを活用した店頭プロモーションに関して 
 サリネライトによって、測定データはすべてクラウド上で保存され、ネットにアクセスすることにより確認することができます。測定データをiPadなどの電子タブレットに表示させ、店頭でのプロモーションに活用することによって、強力なデジタルツールとして、ダイヤモンドの輝きをお客様にプレゼンテーションすることが可能になりました。また、鑑定書はiPhoneなどのスマートフォンからでもアクセス可能です。その結果、「デジタル鑑定書」を常に持ち歩き、SNSでシェアできるので、家族や友人と一緒に喜びを共有することができます。
 近年、ブライダル業界では、店頭に電子タブレットを導入する企業が増えています。ただ、業界内でもまだ比較的導入が進んでいないジュエリー業界の中で、銀座ダイヤモンドシライシでは、先駆的に導入を進めています。

■サリネライトパフォーマンスレポート(輝き評価)に関して 
<1.輝き要因(4項目)>
・Brilliance(ブリリアンス):ダイヤモンドから得られる輝きの強さ
・Sparkle(スパークル):ダイヤモンド、あるいは観察者が動く際に
 現れるキラキラとした輝きのコントラスト
・Fire(ファイア-):ダイヤモンドから放たれる鮮やかな虹色の輝き
・Symmetry(シンメントリー):ダイヤモンドから反射される光の分布の対称性

<2.輝き要因のランク(5段階)>
・Ultimate
・Very High
・High
・Standard
・Low

<3.総合評価(12のグレートスケール)>
各ランクごとにスター(☆、☆☆、☆☆☆)で詳細なランクを設定。結果、総合的に12のランク付けがなされます。


 サリネライトによって、銀座ダイヤモンドシライシで仕入れているダイヤモンドの測定を行ったところ、

90%のダイヤモンドがUltimate(3スター)の評価となりました。


■サリネ(Sarine)社と、ダイヤモンド業界におけるサリネライトの革新的要素 
 サリネ社は、1988年にイスラエルで設立された世界を代表するダイヤモンド測定分析装置開発製造会社です。ダイヤモンド産業の中心地であるイスラエル、インド、ベルギー、を主に世界のダイヤモンド産業を支え、ダイヤモンド測定分析装置開発製造の世界トップシェアを誇るグローバル・スタンダードカンパニーです。日本を代表する宝石鑑定会社においても、このサリネ社のダイヤモンド測定装置が用いられています。
 そのサリネ社が開発をした「サリネライト」を利用したサリネライトパフォーマンスレポートのサービスを導入することにより、ダイヤモンドにとって重要な「輝き」という評価も合わせて、ダイヤモンドの品質を表すことができる様になります。現在まで世界においてダイヤモンドの輝きを測定する装置の開発は試みられてきましたが、技術的に精度が高く、信頼性の秀でた測定装置の開発に成功する会社はありませんでした。
 そのため、サリネライトを導入することによって、ダイヤモンドの価値基準に革命が起こる可能性があるのです。

■4Cについて
<CARAT カラット>
 1カラット(ct)は0.2グラム。大きい石は比較的少ないので、
 カラット数が大きければ大きいほど希少価値も高くなり、価値も上がります。
<CUT カット>
 ダイヤモンドの「プロポーション」「研磨状態」「対称性」で評価されます。
<COLOR カラー>
 ダイヤモンドには、完全な無色から薄い黄色まで、微妙に色がついています。
 無色に近いものほど光を透過し、希少価値が高くなります。

<CLARITY クラリティ(透明度)>
 ほとんどのダイヤモンドには内包物があり、クラリティはこの内包物の数や大きさ、色、場所によって決まります。

■銀座ダイヤモンドシライシのダイヤ買い付けに関して
 銀座ダイヤモンドシライシには、日本トップクラスのバイヤーがいます。そのバイヤーは世界を代表するダイヤモンド鑑定機関で約18年勤務し、責任者まで務めた人物です。これまでに見てきたダイヤモンドの数は100万ピースをゆうに超えます。
そしてダイヤモンドの中でも特に選別が難しいと言われるブライダルダイヤモンドを中心に鑑定を続けてきた人物です。そのため、高品質のダイヤモンドのみを、お客様にご提供することが可能です。

【銀座ダイヤモンドシライシについて】
 「あらゆるお客様のどのような要望にも応えたい」という想いから、
ダイヤモンドの仕入れからデザイン、加工、販売までを一貫して手掛け、品質の高いダイヤモンドを豊富な品揃え(常備5,000点超)と秀逸なリングデザイン(エンゲージリング、マリッジリングは各種数百種類以上)の中から自由に選んでいただき、独自のエンゲージリングが創れる「セミオーダーシステム」を業界に先駆けて確立しました。

 また、シライシのバイイングは通常の鑑定機関の基準より厳しい基準を設けています。ダイヤモンドの輝きを左右するカットに対しては特に強いこだわりを持っています。

 「銀座ダイヤモンドシライシ」は、“お客様の心に残る”ブライダルジュエリーを提供し続ける、「日本最大級のブライダルダイヤモンド専門店」です。

■会社名:株式会社シーマ  
■代表者:代表取締役社長  白石幸栄
■設立:1994年(平成6年)9月5日
■資本金:1,777百万円
■事業内容:オリジナルブライダルダイヤモンドリングの制作・販売及び総合ブライダルサービス業
■所在地:東京都中央区銀座1-7-10 ヒューリック銀座ビル5F

株式会社シーマ(JASDAQ:7638)は、ブライダルジュエリー(婚約指輪および結婚指輪)の販売を主力とした事業展開を行なっており、「銀座ダイヤモンドシライシ」http://www.bridaldiamond.co.jp (国内35店舗)をはじめ、「エクセルコ ダイヤモンド」http://www.exelco.com/(国内20店舗)2ブランドで展開しています。

【プレスお問い合わせ先】
銀座ダイヤモンドシライシ PR事務局  
TEL: 03-5572-6316  FAX:03-5572-6065

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング