メキシコ、ドミニカ共和国、ジャマイカで オール インクルーシブのリゾート運営に参入

PR TIMES / 2013年8月19日 17時15分

ハイアット ホテルズ コーポレーションは、完全所有子会社を通してプラヤ ホテルズ&リゾーツ(以下プラヤ)と提携し、宿泊料金に室料、滞在中の食事やドリンク、エンターテイメント等を含むオール インクルーシブのリゾート運営に参入することを発表しました。プラヤは、オール インクルーシブの高級リゾートを所有、運営、開発するため2006年に設立された投資会社で、ハイアットは今後、プラヤの全株式の約20%に当たる100万ドルと、転換優先株の225万ドルの合計325百万ドルを投資する予定です。



プラヤのポートフォリオは、メキシコ、ドミニカ共和国、ジャマイカの3ヶ国で13軒のリゾート(約5800室)です。今回の投資によりハイアットとプラヤはフランチャイズ運営契約を締結し、13軒中の6軒(約2,800室)を大幅に改装した後、ハイアットにブランド転換いたします。 メキシコの2軒は数百万ドルの改装工事を経て年内に、メキシコ、ドミニカ、ジャマイカの残り4軒は2015年までに順次リニューアルオープンする予定です。


本契約に基づき、プラヤはハイアットブランドとして運営するオールインクルーシブ リゾートの新規獲得および開発を継続して行い、2018年まで南米とカリブ地区で5 軒のハイアットブランドのリゾートを運営する一定の権利を所有いたします。

ハイアットで不動産・資本戦略グローバルヘッドを務めるスティーヴン・ハガティーは、「この20年でオール インクルーシブのカテゴリーは急成長を遂げています。今回の提携により、これまでリーチすることのできなかった新しいマーケット層に、ハイアットが誇る本物のホスピタリティをお届けすることが可能となります。 今回のプラヤとの提携により、世界的成長戦略を強化する新たなプラットフォームを構築することができるだけでなく、我々が投資することでフランチャイズフィーと相互利益による高いリターンを得られるのです」と、語っています。

■Hyatt Hotels Corporationについて
ハイアット ホテルズ コーポレーション(本社:米国イリノイ州シカゴ)は、ハイアットが誇る洗練されたおもてなしと心地よい寛ぎを提供する、世界有数のホスピタリティ企業です。世界各地で働くハイアットスタッフ一人ひとりが、お客様の人生に感動と輝きをもたらす“本物のホスピタリティ”を提供しています。現在、世界中でパーク ハイアット、アンダーズ、グランド ハイアット、ハイアット、ハイアット リージェンシー、ハイアット プレイス、ハイアット ハウスのホテルブランドを管理、所有、開発、フランチャイズ経営しています。また、ハイアット ホテルズ コーポレーションの傘下には、ハイアット レジデンスとハイアット レジデンス クラブを展開、運営、販売またはライセンス契約するハイアット レジデンシャル グループ, Incがあります。 2013年6月30日現在、ハイアット ホテルズ コーポレーションのポートフォリオは世界46ヶ国で524施設です。詳しくは http://www.hyatt.com (英語)をご覧ください。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング