6割以上が赤ちゃんのことを考えて 好きな飲食物を我慢した経験あり!コーヒーの我慢もストレスになりがち。カフェインレスコーヒーに「思ったより美味しい」との声!

PR TIMES / 2014年1月21日 13時51分

20代~50代の育児中ママ300人に妊娠中の飲食物に関するアンケート



株式会社ファブリックアーツ(本社/広島県広島市)は、株式会社ネオマーケティングが運営するアンケート専門サイト「アイリサーチ」を利用し、「妊娠中の飲食物に関する調査」を実施しました。調査期間は2013年12月25日(水)~26日(木)の2日間、調査対象は日本全国の20歳から59歳までの女性300人で、妊娠経験があり、育児中(小学校就学前)であることが条件。アンケートからは妊娠中の女性が飲食物にも特段の配慮をしていることがわかりました。

---
(1)妊娠中に注意したのは「食べ物」と「飲み物」との回答が6割超。それがストレスになった人も半数近く存在。
(2)気をつけた成分はカフェイン、アルコール、塩分がトップ3。妊娠中は「コーヒー」と「お酒」を控えた人が約6割。
(3) カフェインレスコーヒーの認知度は約9割で、約6割が「妊娠中に飲みたい」と回答した。
---

◆妊娠した女性は「食べ物」と「飲み物」に注意を払い、同時にそれがストレスになっている。
アンケートのQ1は「あなたが妊娠中に注意していたことを教えてください」(複数回答)という質問です。回答は「食べ物」(68.3%)、「飲み物」(64.3%)が上位を占めました。人間にとって飲食は必要不可欠なものですし、また嗜好を満たすという意味でも大きな意味があります。お腹にいる赤ちゃんのために、こうした日常的に口から体内に入るものに注意を払うのは当然といえば当然のこと。妊娠中の注意事項として上位にランクされているのは健全なことといえるでしょう。

次に、Q2「あなたが妊娠中にストレスを感じたことを教えてください」(複数回答)との質問には、「したいことができない」(49.0%)、「食べたいものが食べられない」(45.7%)、「飲みたいものが飲めない」(34.3%)との回答がトップ3となりました。胎児の安全や健康を考えて妊婦の行動や飲食が制限され、彼女たちがそれをストレスとして感じていることがわかります。

◆妊娠中に気をつけたい成分はカフェインとアルコール、すなわちコーヒーとお酒は我慢!
Q3.「あなたは妊娠してから『飲んではいけない飲み物/飲んでもよい飲み物』の確認をしていましたか」(複数回答)という質問に対しては「必ず確認していた」(23.3%)、「まあまあ確認していた」(58.3%)を合わせた81.6%が確認していたと回答しました。妊娠中の女性の多くが、飲食物について注意深く接していたことがわかります。すなわち、摂取する成分に関しても関心が高かったものと思われます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング