月額制で何着でも手元に届く!女性向けの新感覚オンライン・ファッションレンタルサービス「airCloset」が2014年12月にリリース!本日から事前登録がスタート。

PR TIMES / 2014年10月24日 15時18分

クラウド収納サービス「minikura(ミニクラ)」を展開する寺田倉庫との協業を経て実現

株式会社ノイエジーク(代表取締役:天沼聰)は、月額制で何着でも手元に届く!女性向けの新感覚オンライン・ファッションレンタルサービス「airCloset(エアークローゼット)」を、2014年12月にリリースいたします。また、それに先立って本日10月24日(金)より、事前登録サイト(URL:http://www.air-closet.com)の公開と事前登録の受付を開始します。



■airClosetの概要
airClosetは、ユーザーのもう一つのクローゼットとして、利用者と新しいファッションとの出会いを応援します。自分のサイズや好みをオンライン上で登録しておけば、プロのスタイリストが選んだ服が専用ボックスで届きます。会員料(月額)を支払うだけで、ボックスを返却するたび何着でもお楽しみいただくことが可能です。本サービスを利用することで、ユーザーはより多くのファッションを楽しむことができる上、気に入った服についてはレンタルだけでなく、自分のモノとして買い取れます。

“airClosetの生まれた背景”
「ちょっと待って着る服がなくて…」、と言う妻の目の前にはたくさんの服が。airClosetを実現しようと思った背景には、どの家庭でも見られるこうしたシーンがありました。色々な服を見て、着て、楽しんで、その人にあったものに出会うにためには時間がかかります。一方で、働く女性や子育て中の女性にはなかなかその時間が持てません。だから、時間をかけずに、シンプルに新しい服にたくさん出会うサービスがあると良いと考えました。これまでの生活では着ることができなかった数の服を着ることで、はじめて本当に自分に合った服に出会える。そういった服をこそ購入し、手元に置いて、長く楽しんでもらえたら素晴らしいと考えています。

■airCloset実現に向けた事業パートナーの獲得とファッション業界の活性化
airClosetのサービス実現において必要となる衣服の保管、配送、クリーニング、管理等のオペレーション体制の構築のため、革新的なクラウド収納サービス「minikura」を展開する寺田倉庫株式会社と全面的な業務提携を締結しました。既存の倉庫業の可能性を拡げながら、先進的なスタートアップベンチャーを支援したいという同社の熱意に応えると共に、ノイエジークが早期達成を目指している17万人規模のユーザーベースにも対応可能な「minikura」のポテンシャルとスケーラビリティを活用し、質の高いサービス提供をスピーディに実現します。この仕組みができれば、服の作り手であるブランド側にとっても魅力的なメリットがたくさんあると信じています。airClosetを通じて、ユーザーがこれまで着たことがなかったブランドに出会い、その服の良さを知り、ファンになることが、ブランド側にとってもこれまで得られなかった新しいお客様との出会いにつながるものと考えています。こうした新しいユーザーとの出会いを求める企業とのアライアンスを増やしていくことで、サービスをより価値のあるものにしていきたいと考えています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング