クリーン・ディーゼル・テクノロジーズ社、革新的なクリーンエア技術を実現

PR TIMES / 2014年11月11日 13時40分

車両排気の浄化技術で最初の特許を取得、高価なプラチナ族や希土類金属が不要に

クリーン・ディーゼル・テクノロジーズ社は、触媒コンバーターで高価なプラチナ族や希土類金属が不要になる独自の新技術を発表しました。

(2014年10月30日 カリフォルニア州オックスナード発 報道発表資料抄訳)

高度な排気ガスエミッション制御技術で業界をリードするクリーン・ディーゼル・テクノロジーズ社(ナスダック:CDTI、以下CDTi)は、触媒コンバーターで高価なプラチナ族や希土類金属が不要になる独自の新技術を発表しました。CDTiは、独自の排気ガスエミッション浄化技術であるSpinel(TM)の一連の特許について、最初の2件を取得しました。この技術は、より厳格な排出ガス規制を満たすコストを大幅に削減します。


この新しい技術は、多数の触媒製品に利用される予定です。弊社は、この技術により従来のプラチナ族や希土類金属を使用するデバイス産業に革新がもたらされると考えています。


Spinel について

・ さまざまな卑金属を利用した一連の独自素材により、一般的な触媒コンバーターのコーティングで使用される高価なプラチナ族(PGM)や希土類金属が不要になります。

・ ディーゼルとガソリンを使用するエンジンおよび車両で幅広く利用できます。

・ 優れた独立車両試験機関において、量産モデルの一般的な乗用車および大型車で高度な試験が行われています。


Spinel の重要性と利点

・ 高価なプラチナ族や希土類金属が不要になり、OEM企業は数十億ドル(数千億円)のコスト削減が実現できる可能性があります。

・ 現在、OEM企業は、PGMで年間60億ドル(6000億円)以上のコストを費やしています。

(出典:Johnson Matthey PLC社「Platinum 2013 Interim Review(2013年プラチナ中間調査報告書)」)

・ 米国および全世界の厳格な排気基準を早期かつ優れたコスト効率で達成できます。

・ PGMおよび希土類金属市場の大幅な価格変動からOEM企業を守ります。


CEOのクリス・ハリスは次のように述べています。「現在、世界のOEM企業は、南アフリカとロシアで採掘されるPGMに対して年間数十億ドルを費やしています。また、中国で生産される希土類金属のコストは数億ドルに上ります。米国EPA Tier3などの新たな規制の導入に伴い、従来の技術を使用した場合のコストが跳ね上がることが見込まれています。Spinel は、業界の供給とコストにおける重要な問題を解決し、化石燃料エンジンを世界中で製造するあらゆるOEM企業と、われわれ消費者に大きな革新をもたらします。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング