一般財団法人日本ガス機器検査協会(JIA)、国内の森林認証制度:緑の循環認証会議(SGEC)から認証機関としての認定を取得

PR TIMES / 2012年6月1日 11時1分



一般財団法人日本ガス機器検査協会(JIA)は、2012年6月1日付で、国内の森林認証制度:緑の循環認証会議(SGEC)から認証機関としての認定を取得しました。
これにより、日本で利用できる3つの森林認証制度(PEFC、FSC、SGEC)すべてにおける流通過程の審査(CoC審査)が可能になりました。3つの森林認証制度すべてのCoC審査ができる機関はJIAが唯一であります。

森林認証サービスは、JIA-QAセンターで行います。

一般財団法人日本ガス機器検査協会(理事長:木村 文彦、所在地:東京都港区赤坂1-4-10)は、2012年6月1日に緑の循環認証会議(SGEC)より次の分野で認定を取得しました。
1:SGEC-FM(森林の管理状態の認証)
2:SGEC-CoC(木材の生産、加工、流通過程における管理状態の認証)

■ JIAの森林認証サービスの特徴
1) 日本で利用できる森林認証制度PEFC、FSC、SGECのCoCについて、すべての審査を行うことができるのはJIAだけです。3つの審査を同時に行うことも可能です。
2) 国内で最初のPEFC-CoC認証機関。現在でも国内唯一のIAF認定PEFC認証機関。
注)IAF=International Accreditation Forum はISOなどのマネージメントシステム、製品、サービス、人員、および適合性評価などの適合性評価をおこなっている国際的な協会。
3) JIAの審査サービス
PEFC-CoC:○ PEFC-FM:×
FSC-CoC:○ FSC-FM:×
SGEC-CoC:○ SGEC-FM:○
○=審査サービスを行っている   ×=審査サービスを行っていない

・FSC Forest Stewardship Council(FSC)
・Programme for the Endorsement of Forest Certification(PEFC)
・Sustainable Green Ecosystem Council(SGEC)

■ SGECの概要
SGEC認証は、世界的に推進されている持続可能な森林経営の考え方をもとに、日本の森林管理の実状にあわせてつくられた国内向けの森林認証制度です。2003年に発足した『緑の循環』認証会議が規格を発行し、運営しています。
日本の森林整備水準の向上と林業の活性化、山林の荒廃や生態系の破壊を防止、持続可能な森林づくりを目指しています。SGEC認証はSGEC-FMとSGEC-CoCがあり、第三者審査機関による審査を義務づけています。

■ お問い合せ先
JIA-QAセンター 環境検証室
〒107-0052 東京都港区赤坂1丁目4番10号
TEL:03-3586-1686
FAX:03-5570-9566

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング