「くらしのIoT ~どうする?サービス連携!~」と題して、 今後日本ではどのようにIoTが暮らしの中で活用されていくのかを探ります。2018年5月30日シンポジウム開催 参加費無料

PR TIMES / 2018年5月20日 17時1分

「くらしのIoT ~どうする?サービス連携!~」

「くらしのIoT ~どうする?サービス連携!~」と題して、
今後日本ではどのようにIoTが暮らしの中で活用されていくのかを探ります。
日時:2018年5月30日14:00~17:50    
会場:東京・千代田区・イイノホール 参加費無料(ネットより参加申し込み・先着順)
http://www.iajapan.org/iot/event/2018/symp0530.html



東京大学 生産技術研究所 IoT特別研究会では、協業して頂いている「一般財団法人インターネット協会 IoT推進委員会」「コネクティッドホーム アライアンス」と共催で「くらしのIoT ~どうする?サービス連携!~」と題し、IoT促進、普及に向けて世界や日本の政府の動向などの情報を共有し、ビジネスの発展のために寄与すべくシンポジウムを開催しております。
現在、 多くの機器(デバイス)やセンサがネットワークに接続され、新たなビジネス、コスト削減、現行事業の収益増大を目的としてIoTの導入が推進されています。しかし、IoTサービスに関する様々なプラットフォームが構築されることにより、一般の利用者にとってIoT機器の制御が煩雑化するのではないかと懸念されております。
本シンポジウムでは、特に一般の利用者に親しみのある「くらしのIoT」に焦点を絞り、相互接続に関する産学官の団体と共催して、多種多様なサービス創出に向けて、複数のサービスをどのように相互接続していくのか、また、そのためにはどんな環境や政策が必要となるのか、についてお伝えいたします。

日本のIoTを方向付ける二人
藤原 洋(フジワラ ヒロシ)

[画像1: https://prtimes.jp/i/12572/2/resize/d12572-2-344713-0.jpg ]


インターネット協会 理事長/IoT推進委員会 委員長
株式会社ブロードバンドタワー 代表取締役会長兼社長CEO
京都大学にて宇宙物理学の学士、東京大学にて工学の博士を取得。MPEG技術の標準化に大きな貢献を果たした。
日本IBM、日立、アスキー等を経て、1996年にインターネット総合研究所を設立。同社は1999年に東証マザーズの第1号上場を果たした。2000年にはブロードバンドタワーを設立、2005年に上場した。ブロードバンドタワーは、データセンター(主なクライアントとしてYahoo! JAPAN)、イーコマース事業等を手がける。同氏は合計3社の上場を果たしている。
科学技術をベースとしたベンチャー起業家としての第一人者である。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング