1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

ウガンダ政府観光局「ウガンダ観光でやってみたいこと!」キャンペーンを開催

PR TIMES / 2021年10月5日 15時45分

ウガンダ独立記念日を祝して、ウガンダでしかできない観光体験をアピール

東アフリカに位置するウガンダ共和国の観光マーケティングとプロモーションを担当する政府機関、ウガンダ政府観光局(正式英語団体名:Uganda Tourism Board、CEO:リリー・アジャロバ)は10月9日のウガンダ独立記念日を祝し、同日より3週間、ウガンダでやってみたい観光アクティビティを4つのお薦めリストから選ぶことで、ウガンダの名産品が当たるキャンペーンを実施します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/81343/2/resize/d81343-2-f66cd9cc324f81bb147e-0.png ]


本キャンペーンは、当地ならではの希少な体験ができるものの、日本ではまだ知名度の低いウガンダ観光について知っていただき、海外旅行市場が再開した際にウガンダへの観光を候補にしていただくことを目的に、駐日ウガンダ共和国大使館と共同で企画しました。キャンペーンを通して駐日ウガンダ共和国大使館およびウガンダ政府観光局がお薦めするアクティビティは、以下の4つです。

●世界遺産の国立公園でゴリラトレッキング:絶滅危惧種に指定され、世界中で約1,000頭しかいないマウンテンゴリラの半数が生息するウガンダの原生林でトレッキングツアー
●首都カンパラで工芸品ショッピング:40以上の部族からなる多民族国家ウガンダの多様な工芸品をマーケットや雑貨店でお買い物
●豊かな緑や水辺でバードウォッチング:緑と水が豊かで、ハシビロコウを含む1,000種類以上の野鳥が生息するウガンダでバードウォッチング
●ナイル川源流でリゾートステイ:ウガンダを源流とするアフリカの大河ナイル川でのウォーターアクティビティやリゾートロッジでの宿泊

また、プレゼントとしてご用意するのは、品質の高さが評価され、ウガンダの農作物の中で世界的に人気のあるドライパイナップルとコーヒー、木製ゴリラ工芸品、ならびにウガンダ共和国大使館のオリジナルバッグです。

「ウガンダ観光でやってみたいこと!」キャンペーンの概要は以下のとおりです。

■ 実施期間:2021年10月9日(土)~10月29日(金)
■ 参加方法:
1. ウガンダ政府観光局日本事務所の公式SNSアカウント(Facebook、Twitter、Instagramのいずれか)をフォロー
2. 駐日ウガンダ共和国大使館およびウガンダ政府観光局がお薦めする4つの観光アクティビティから、やってみたいものを一つ選んで、キャンペーン告知投稿に返信。
※キャンペーン告知投稿をリポスト、リツイート、シェアすることで、プレゼント当選確率が2倍になります。
■賞品:合計30名に下記の賞品をプレゼント
- 「FAR EAST BAZAAR」のウガンダ産ドライパイナップルとウガンダ産コーヒー豆をセットで10名様に
- ウガンダで人気の土産品でもある、木製ゴリラ工芸品を10名様に
- ウガンダ共和国大使館のオリジナルバッグを10名様に

[画像2: https://prtimes.jp/i/81343/2/resize/d81343-2-17748acbb0b5b96e8b60-1.jpg ]


PDF版のプレスリリースは下記URLよりダウンロード願います。
https://prtimes.jp/a/?f=d81343-20211004-e946820c8fa2b3bd5711cab158ffab6d.pdf

<FAR EAST BAZAARについて>
FAR EASTは輸入から販売までを一貫して行う貿易会社です。国際協力を主眼とした貿易を得意としており、ウガンダをはじめ現在約24カ国と直接取引をしております。直営店のFAR EAST BAZAARでは、世界各地から運ばれてきたドライフルーツやナッツの他、自社で製造した白砂糖不使用のアラビアンヴィーガンジェラート。古代小麦を使用した焼菓子やヴィーガンスムージー等、世界各地の商品に生産者の想いやストーリーを届けています。

この度ご用意いたしましたドライパイナップルは、「ダーウィンの箱庭」とも称されるほどに生態系に富むウガンダのヴィクトリア湖に浮かぶ、赤い土と深い森の緑に囲まれたJali村から届いています。この島で育ったパイナップルは桁違いに甘く、ドライにすると香りがさらに凝縮され、初めて口にする方は皆驚きを隠せません。入荷しては売り切れ必至のJaliパイナップルを、この機会にぜひご賞味ください。

<ウガンダ共和国について>
ウガンダ共和国は、アフリカ大陸東部に位置する、「The Pearl of Africa(アフリカの真珠)」とも称される国です。多様性に富んだ野生動物観察、絶景、リアルな文化体験、人とおもてなしの温かさを実感していただけます。絶滅危惧種に認定されているマウンテンゴリラの全世界での生息頭数の約半分以上がウガンダに生息していて、ブウィンディ原生国立公園の大自然に暮らす野生ゴリラの観察は、世界中の旅行者の憧れとなっています。

国内には10か所の国立公園があり、サバンナ、森、湿地帯がひろがり、多種多様な野生動物を間近で観察することができます。「ビッグ・ファイブ」と呼ばれるライオン、レパード、サイ、象、バッファロー、そしてキリン、シマウマ、チンパンジー、カバ、ワニ、アフリカの在来鳥の半分以上をご覧いただけます。そのほか、雪を頂くルウェンゾリ山地、アフリカ大陸最長を誇るナイル川の源泉を結成する広大なビクトリア湖、マーチソン・フォールズ国立公園なども魅力的な観光資源となっています。ウガンダ共和国への観光需要は近年増加しており、首都カンパラ市や国立公園内には快適なホテルやロッジが充実しています。

ウガンダ政府観光局公式サイト(英語):  https://www.visituganda.com/
公式Instagramアカウント(日本語): https://www.instagram.com/visitugandajp/
公式Facebookアカウント(日本語): https://www.facebook.com/visitugandajp
公式Twitterアカウント(日本語): https://twitter.com/visituganda_jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング