1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【9/2開催セミナー】タイ発!アジア最大の製糖企業ミトポン・グループがバイオベースの製品開発とマーケティング分野で日本企業に向けてビジネス連携の提案を募集

PR TIMES / 2021年8月24日 12時15分

タイ・東南アジアへのビジネス進出、タイ企業との連携をご検討の方へ

日タイ情報発信プラットフォーム「TJRI」を運営するMEDIATOR CO., LTD.(本社:タイ王国バンコク、代表取締役社長:ガンタトーン・ワンナワス)は、アジア最大のタイ製糖企業「Mitr Phol Group」をゲストに迎え、オンラインセミナー「Open Innovation Talk EP.004 - 廃棄物から価値を生み出す!次世代のゼロ・ウェイスト(Zero Waste)経済の実現へ」を2021年9月2日(木)日本時間17:00より開催いたします。なお、本セミナー終了後にはミトポン・グループへの連携提案の機会をご用意しており、アジア最大の製糖企業ミトポン・グループとのビジネス連携の可能性も広がる、貴重なセミナーとなっております。



[画像1: https://prtimes.jp/i/83127/2/resize/d83127-2-14bb914f80a1c3964afb-2.jpg ]

60年以上の歴史を持つアジア最大の製糖企業ミトポン・グループは、中国やラオス、インドネシア、オーストラリアに進出しており、世界第6位の市場規模を誇るサトウキビ生産と製糖事業のリーディング・カンパニーです。近年では、タイの国家戦略であるBCG(バイオ・循環型・グリーン)経済モデルの促進にも力を入れており、米国のS&P Global社によるサステナビリティ格付け「S&P Global Sustainability Awards 2021」では食品業界で世界第4位(S&P Global Silver Class)に選ばれました。ミトポン・グループは、これまでサトウキビ生産と製糖事業を核として、製糖過程で出るバガス(搾りカス)からバイオマス発電、モラセス(廃糖蜜)からバイオエタノールや肥料へと変換させるなどの代替エネルギー事業を手がけ、脱炭素社会に大きく貢献してきました。

本セミナーでは、ミトポン・グループがこれから注力していくバイオ技術を活用した原料や製品開発等の新規事業を加速するために、日本企業とのパートナーを募集。詳細は本セミナー内で発表いたしますので、ぜひご参加ください。

【セミナー申込み先URL】 https://bit.ly/3xONvLv
(セミナー紹介元ページ: https://mediator.co.th/open-innovation-talk-ep-004-mitrphol/

◆実施概要
セミナー名:Open Innovation Talk EP.004 | Mitr Phol Group
開催日:2021年9月2日(木)
時 間:日本時間:17:00 - 18:30 / タイ時間:15:00 - 16:30
場 所:ZOOMを使ったオンライン配信
言 語:日本語 / タイ語の逐次通訳
参加費:無料
対象者:東南アジア及びタイ企業の動向、タイ企業との連携、タイ進出に興味のある日本企業、在タイ日系企業にお勤めの方

>プログラム
1. TJRIのご紹介
2. タイ企業ニーズ紹介
3. ゲストトーク
- ミトポン・グループの事業概要の紹介
- ミトポン・グループの今後の事業計画
- ミトポン・グループのニーズ発表と日本企業との事業提携の機会提供
4. Q&A

◆ニーズと利用可能なアセット
[1] バイオベース関連の技術パートナーを募集
|ニーズ(日本企業に求めること)


バイオ技術を活用した食品の製造、健康食品製造のための食品添加物・エキス(ハーブや薬草等の有効成分)に関連する技術
ミトポン・グループが所有しているバイオ原料から製造できるバイオプラスチックやバイオベース関連商品の製造

|利用可能なアセット
・Semi - Commercial Plant FOS 製造工場
・製造過程で出る副産物
・サトウキビ由来原料|バガス、廃糖蜜、サトウキビの葉っぱ、ビナス、フィルターケーキ
・キャッサバ由来原料|キャッサバ残渣、キャッサバの根茎等

[2] 自社製品のグローバルマーケティングパートナーを募集
|ニーズ(日本企業に求めること ※製品一例)


栄養補助食品、健康食品、プレバイオティクス食品
バイオプラスチック製品
イースト(酵母)由来の家畜飼料
バイオ肥料、有機質肥料、有用微生物(Effective Microorganisms)、緩効性肥料(Controlled release fertilizers)、ポリマー(Polymer)
砂糖、砂糖関連食品
タピオカでん粉、加工でん粉

|利用可能なアセット
・製糖工場
・タピオカ製造工場
・イースト及びイースト関連製品製造工場
・Semi - Commercial Plant FOS 製造工場
・有機質肥料製造工場
・化学肥料製造工場

[3] 飼料用のバイオベース原料関連の技術パートナーを募集
|ニーズ(日本企業に求めること)


家畜、ペット・魚類の飼料用の抗生物質の代わりとなるバイオベース原料関連

|利用可能なアセット
・イースト製造工場

◆スピーカー紹介
|Mr. Pravit Prakitsri
Chief Operating Officer, New Business Group, Mitr Phol Group
エネルギー業界で30年以上のキャリアを持つ。特にバイオ燃料事業には16年以上携わり、フレックス燃料車の混合燃料(E85とED95) 、バイオエタノール生産のバイオリファイナリー複合施設の開発、バイオマス発電に関する政策などバイオ燃料とガソールの消費の促進に貢献。また、タイの国家戦略であるBCGのイノベーション関連事業に携わり、BCG経済を促進。現在は、ミトポン・グループの新規事業開発部門のCOOとして手腕を振るっている。

|司会進行:ガンタトーン・ワンナワス
MEDIATOR CO., LTD.(株式会社メディエーター)代表取締役社長
在日経験通算10年。埼玉大学工学部卒業後、在京タイ王国大使館工業部へ入館。タイ国の王室関係者や省庁関係者のアテンドや通訳を行い、タイ帰国後の2009年に MEDIATOR CO., LTD.(株式会社メディエーター)を設立。在タイ日系企業の日本人やタイ人、またタイ進出を検討する日本企業に向けた講演、セミナー、研修を行っており、2017年9月には、タイ政府主催の日タイ国交130周年イベント「タイ経済ミッション」にて総合司会を担当。
[画像2: https://prtimes.jp/i/83127/2/resize/d83127-2-20d3976c08d0cd64b581-1.png ]


■「MEDIATOR CO., LTD.(株式会社メディエーター)」について
MEDIATOR CO., LTD.(株式会社メディエーター)は、タイ王国バンコクを拠点とした、日本とタイを伝えるプロジェクトマネジメントチームです。ネイティブレベルの日本語能力を有するタイ人とこれまでに培った多くのネットワークを強みに、日本企業のタイ進出、日本企業とタイ企業の接点創出に向けた幅広いサービスを提供しています。

>「MEDIATOR CO., LTD.(株式会社メディエーター)」の主なサービス

日タイ企業のビジネスマッチング、商談会の企画、運営、管理
タイでの展示会、イベント、ビジネスミッション(視察)の企画、運営、管理
タイでのPR、マーケティングの企画、運営、管理
通訳者、翻訳者手配業務など

【URL】 https://mediator.co.th/

■「TJRI」について
「TJRI(Thai - Japanese Investment Research Institute:日本企業研究所)」は、今後益々必要となる日タイ連携強化に向けて、日本企業とタイ企業がお互いを知り、興味を持ち、連絡を取りたいというきっかけを作ることを目的に、MEDIATOR CO., LTD.(株式会社メディエーター)が立ち上げた「日タイ情報発信プラットフォーム」です。TJRIでは、企業ニーズの調査からセミナーの実施、商談やピッチングの場を通して、日タイ連携をサポートしています。

>「TJRI」の主なサービス

企業ニーズの収集と提供
課題解決型セミナーの実施
商談・ピッチングの場づくり

【URL】 https://mediator.co.th/tjri/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング