ウェブサイトを高品質な翻訳文で多言語化するサービス 「ワールドジャンバー・ローカライザー」をリリース

PR TIMES / 2012年4月27日 9時23分



自動翻訳を搭載した多言語コミュニケーションツール「WorldJumper(ワールドジャンパー)」を開発する八楽株式会社(本社:東京都渋谷区 代表者:坂西優)は、日本企業のウェブサイトを迅速に高品質な翻訳文で英語・中国語に多言語化するサービス「ワールドジャンバー・ローカライザー」を提供開始します。

<背景>
少子高齢化に端を発する国内市場の減少を受けて、日本企業にとって海外進出は大きい課題となっています。同時に海外進出の第一歩としてオンライン上での海外への情報発信がますます重要になっています。しかしウェブサイトの多言語化は翻訳会社に依頼すると費用と時間の負担が大きい一方、自動翻訳を使用すると品質が悪くビジネスでの使用に耐えないという問題がありました。

<概要>
八楽が提供する「ワールドジャンバー・ローカライザー」は同サービスが発行する1行のコードをウェブサイト内に貼付けると、ウェブ上に言語メニューが現れて5分以内に日本語の企業サイトが英語、及び中国語に多言語化されます。その結果、外国の人々が英語、中国語で日本企業のウェブサイトを閲覧出来るようになり、海外からの売上げの増加やビジネスチャンスの獲得に繋がる機会が発生します。

<特徴>
1.翻訳文の品質
翻訳文は、過去にプロの翻訳者が編集した翻訳文を再利用することで高い品質を維持しています。また、翻訳の品質を自動評価して品質が一定に満たない場合は、ワンクリックで翻訳者へ修正依頼を送信出来ます。
2.導入・更新スピード
一行コードの追加、翻訳、翻訳文の自動評価、及び翻訳者への修正依頼送信にかかる時間は、約5分となります。翻訳者による修正は10分〜数時間以内です。更新時も追加・変更されたテキストのみを自動抽出して翻訳します。
3.価格
価格は初期設定費+月額2万円からとなります。

■「WorldJumper(ワールドジャンバー)」の多言語サービスについて
ワールドジャンバーのサービスには、本サービスの他に海外顧客とのメールでのやり取りを多言語化する「ワールドジャンバー・コンタクト」、フェイスブック上のコミュニケーションを多言語化する「ワールドジャンバー・フェイスブックアプリ」があります。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング