en worldが韓国オフィスを新設

PR TIMES / 2012年12月3日 16時55分

en world group(代表:クレイグ・サフィン)は本日12月3日、韓国オフィス新設を発表しました。en worldは日本、シンガポール、香港、オーストラリアでビジネスを展開しており、韓国オフィスは5カ国目の拠点展開となります。en world groupはアジア太平洋地域におけるビジネス拡大を一層推進してまいります。



en worldは、これまで5,000件以上の転職を支援し、12年間で収益成長51倍を達成するなどアジア太平洋地域で急成長を遂げている、管理職・シニアレベルスタッフを対象とした人材紹介サービス企業です。顧客の多くがグローバルな多国籍企業であり、アジア太平洋地域にわたって、グループのチークワークを駆使して採用支援サービスを提供できることに強みを持っています。

en worldグループ代表のクレイグ・サフィンは、「当社は、管理職・シニアレベルのスタッフにフォーカスした人材紹介事業を展開しています。優秀な人材をご紹介するために、当社では候補者、求人案件のステータスを管理するための独自のCRMシステムを開発し、社内システムとして活用しています。併せて当社の人員を採用する際、もしくは採用企業様向けのサービスとしてTopgrading(R)という優秀な人材を雇用するためのメソッドを用いています。またCレベル(カントリーマネージャーやCFOなどの経営層)を含むプロフェッショナル人材を派遣や契約ベースでご紹介するプロジェクトスペシャリスト事業を展開しています」と説明しています。

当社独自開発の人材紹介のフローに準拠したCRMシステムには、適宜チームアシスタントが必要な情報を更新しています。このためコンサルタントは候補者や求人案件の最新動向や過去のやり取りを検索して、分析することが出来ます。このCRMシステムはすでに他の拠点では導入済で実績をあげており、韓国市場においても効果的な人材採用を実現する鍵となることでしょう。

Topgradingは30年前に米Topgrading, Inc.が開発した、優秀な人材の確保をサポートする包括的なメソッドです。通常優秀な人材の確保は25%程度であるのに対して、Topgradingを用いることで最高85%まで精度を高めることを支援します。Topgradingは、Global 100やFortune 500などのトップ企業にも導入されており、優秀な成果を収めてきました。en worldではTopgradingを2006年から社員採用のためのプログラムとして導入し、優秀なコンサルタントの選出に利用してきました。また2011年にはTopgrading認定パートナーとして加盟し、オプショナルサービスとして採用企業向けに提供を開始しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング