新作アミューズメントマシン『パズドラZ テイマーバトル』 記者発表会を開催!!

PR TIMES / 2014年4月16日 11時37分

ニンテンドー3DS専用ソフト『パズドラZ』が キッズ向けカードゲームマシンで今夏登場!

株式会社マーベラスAQL(代表取締役社長:許田 周一/所在地:東京都品川区)は、4月15日(火)、2014年夏に稼働を開始する『パズドラZ テイマーバトル』の記者発表会をTKPガーデンシティ品川にて開催し、最新情報を公開いたしました。 
また、同日ティザーサイト( http://padZ-TB.jp/ )をオープンしております。




 

 『パズドラZ テイマーバトル』は、ガンホー・オンライン・エンタ-テイメント株式会社(東京都千代田区/代表取締役社長 CEO 森下一喜)が2013年12月に発売し、累計出荷本数130万本を超える(2014年1月31日時点、ダウンロード版含む)大ヒットを記録している、ニンテンドー3DS専用ソフト『パズドラZ』の世界観から派生したカードゲームマシンです。
 本作は8歳~12歳をメインターゲット・ユーザーとし、『パズドラZ』の世界観と楽しさはそのままに、大迫力タッチモニターやカードゲームマシンならではの要素「Zボーナス」で、モンスターの成長をダイレクトに体感する遊びを提案していきます。
 4月15日(火)に行われた記者発表会では、ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社、株式会社マーベラスAQL代表者が登壇し、タイトルに対する意気込みと初公開情報を発表いたしました。

◆発表会登壇者コメント

森下一喜 (ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社 代表取締役社長CEO エグゼクティブプロデューサー)
ニンテンドー3DS専用ソフト『パズドラZ』は、おかげさまで発売初月に実売100万本を達成することができ、その後も順調に推移しております。スマホのお客様だけでなく、新たにキッズ層のお客様を獲得することができたことを非常にうれしく感じております。更に、今回マーベラスAQL様からキッズ・アミューズメント市場に展開していただくことになり、『パズドラZ』をキッズ向けIPとして伸長させることにつながると期待しております。今後も、「パズドラ」シリーズ全体として、“パズドラならではの楽しさ”を世の中に浸透させることに努めてまいります。

山本大介 (ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社 パズドラスタジオ プロデューサー)
イベントなどで『パズドラZ』をプレイしている子供たちの姿を見る度に、とても嬉しく思います。それが今度はカードゲームマシンで見られると思うと、今からとてもワクワクします。僕も『パズドラZ テイマーバトル』を子供と一緒に遊びたいと思います。皆さんも、大画面でコンボを繰り出す面白さをぜひ体感してみてください。モンスターもどんどん追加されていきますのでお楽しみに!

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング