1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

株式会社E-team、アングルシフト(企画士 木田広大)との共同開発により、サステナブル時代に対応するブランド再構築サービスを10月より販売開始

PR TIMES / 2021年9月30日 9時45分



株式会社E-team(本社:渋谷区、代表取締役 江口弘起)は、アングルシフト(企画士 木田広大)との共同開発により、エキスパート・ブランディング・トランスフォーメーショ「E-BX™」を発表した。
[画像: https://prtimes.jp/i/76792/3/resize/d76792-3-68717fb4578caf960ae0-0.jpg ]


「E-BX™」は、企業ブランドの再構築の支援を迅速に推進することを目的とし、サステナブル経営やDX(デジタルトランスフォーメーション)など、デジタルシフトを推進する企業に向けてブランド変革戦略を支援するサービスとして10月から販売を開始する。

アングルシフトのブランディングメソッド「MVP」を採用し、企業ブランドの基盤となるミッション、ビジョン、フィロソフィー(MVP)の再構築を図り、E-teamのデジタルマーケティング力と融合したパッケージサービス。今後、コピーライターをはじめとするクリエイターとの連携によって、企業ブランドの基盤構築の実践を推進していく計画としている。

株式会社E-team(イーチーム) https://e-team.co.jp/
サステナブル経営を始めとする次世代組織を推進するリーダーに向けて、共創型マーケティングチームを提供。クリエイティブ思考とデジタルのエキスパート人材によるチームワーキングによって、ブランドの強化、 DX(デジタル・トランスフォーメーション)、HRの課題解決に顧客企業と同じゴールを見据えながら共に挑みます。

アングルシフト(企画士 木田広大氏) https://www.hirookida.com/bio
ADKグループやクリエイティブエージェンシーにて30年に渡り広告コミュニケーションに関わる。コピーライターからキャリアをスタートし、クリエイティブディレクターとしてカンヌライオンズを始めとする広告賞を多数受賞、広告賞の審査員も務める。近年では企画士として独立、発想転換を合言葉とする「アングルシフト」を屋号に、広告に捉われないコミュニケーションデザインおよび企業ブランディングを手掛ける。

【本件に関するお問合せ先】
株式会社E-team 担当:江口・長澤
メールアドレス:info@e-team.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング