簡単・短時間で映像配信が可能、映像配信システム「CloudEdge」の新サービス開始

PR TIMES / 2012年9月10日 10時49分



業務の合間や外出先から、簡単・短時間での画像配信が可能に!
映像配信システム「CloudEdge(クラウドエッジ)」の
新機能「PiBotCard(ピボットカード)」 9月よりサービス開始。


株式会社オックスプランニング(本社:東京都渋谷区、代表取締役:三浦嚴嗣、以下 オックスプランニング)は、自社のクラウド型デジタルサイネージ映像配信システム「CloudEdge(クラウドエッジ)」の新サービス「PiBotCard(ピボットカード)」の運用を9月より開始いたします。

「PiBotCard(ピボットカード)」とは、CloudEdgeのオプションサービスとして展開する画像配信サービスです。当サービスでは、従来の運用では操作する必要があった専用配信管理ソフト(CMS)を使用することなく、PiBotCard Webサイトからの簡単な入力操作のみで、手軽に告知画像を作成し、即座に放映端末へ配信することができるようになります。
 加えて、当機能によりCMSの動作環境であるWindows PCだけでなくアンドロイド携帯・タブレットからの配信操作も可能となります。
なお、屋外電子看板VivinyにてCloudEdgeをご利用頂く場合は、通常発生するオプション課金分は無料となり、標準のCloudEdge月額利用料のみでPiBotCardをご利用いただくことが可能です。


■「PiBotCard(ピボットカード)」のサービス詳細について
1.「PiBotCard(ピボットカード)」の機能概要
PiBotCardでは、最大12枚分のメッセージカード(静止画)を作成することが可能。また、必要に応じて上書き更新し、運用していくことができます。
2.画像配信までの手順 [HOW TO]
※操作はすべてPiBotCard Webサイト内で行うことができます。
●告知用テキストの入力、告知用画像のアップロードを行います。
●告知用に最適化されたレイアウトでメッセージカードが自動作成されます。
●作成されたメッセージカードは、Webサイト上に設けられた「即時配信」ボタンから事前に割り当てられた放映端末へ一斉送信
※アンドロイド携帯端末で撮影した写真を使用して告知画像を作成することもできます。

また、放映用のスケジューリングをする必要がなく、非常にシンプルな運用方法になっているため、画像作成から配信までの操作が短時間に完了することができます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング