【2014確定申告実態調査】「手書き」が主流の申告準備に変化の兆し 青色申告者の約4割が今年は「会計ソフト」を利用予定 次世代型「クラウド会計ソフト」の利用意向は、若年層ほど高い傾向

PR TIMES / 2014年2月6日 11時46分

作業時間が3分の1の新クラウド会計「マネーフォワード 確定申告」でより効率的な申告準備を。

 自動家計管理・資産管理ツールを提供する株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO 辻庸介、以下マネーフォワード)は、専門知識がなくても、手間なく簡単な確定申告や法人の会計処理を可能にするクラウド型会計ソフト『マネーフォワード 確定申告』等のサービス開始にともない、確定申告者の申告準備における傾向を明らかにすべく、今年、確定申告をする必要がある20~60代男女600名(個人事業主またはフリーランス職の方)を対象に「確定申告実態調査」を行いました。
[本調査対象者全員の申告種別:「青色申告」61.5%、「白色申告」38.5%]



 日本国内では、2,000万人を超える人が確定申告の準備をおこなう必要があると言われています。今回の調査結果からは、青色申告者の約4割が「会計ソフト」で準備予定と回答し、申告準備作業を効率化したいニーズの高さが明らかになりました。
 また、「クラウド型」会計ソフトの利用については、中高年よりも若年層に、より積極的な意向がみられた一方で、「パソコンが壊れ、データそのものも壊れた」など、「インストール型」会計ソフトにおける問題点や課題も多く挙げられ、作業を効率化するだけでなく、情報を安全に管理し、データの紛失を防ぐことの重要性も垣間見える調査結果となりました。

【調査結果トピックス】================================================
1. 申告準備はやっぱり面倒(85.7%)!これまでの申告準備、最多は「手書き」(55.6%)
2. 「会計ソフト」利用経験者の7割以上「(申告準備は)難しくない」と回答
3. 今年の申告準備、青色申告者の約4割が「会計ソフト」を利用したい
4. 「クラウド型」会計ソフト、積極的に取り入れたい若年層
  「インストール型」会計ソフトでの失敗談、みんなの確定申告エピソードも!
===============================================================

<トピックス1.> 申告準備はやっぱり面倒(85.7%)!これまでの申告準備、最多は「手書き」(55.6%)

 本調査では、今年、確定申告をする必要がある20~60代の男女600名を対象とし、アンケートを行いました。本調査対象者全員に「あなたは、確定申告のための準備を、面倒だと思いますか?」と尋ねたところ、「とても面倒だと思う」41.0%、「まあまあ面倒だと思う」44.7%、「あまり面倒だと思わない」11.5%、「まったく面倒だと思わない」2.8%、と85.7%が「面倒だと思う」と答えました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング