FLASHFORGEの日本総代理店であるAPPLE TREE株式会社が、工業用FFF(熱溶解積層)方式3Dプリンター「Guider2s」の販売を開始。

PR TIMES / 2019年11月22日 18時15分

APPLETREE株式会社は、大きな造形やエンプラ素材の出力が可能な工業用FFF方式3Dプリンター「Guider2s」の販売を開始した。

FLASHFORGE(フラッシュフォージ)の日本総代理店であるAppleTree株式会社(大阪)が工業用FFF方式3Dプリンターの新製品「Guider2s」を販売開始しました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/30909/7/resize/d30909-7-239238-0.jpg ]


デスクトップ型3Dプリンターで有名なメーカーFLASHFORGE社の日本総代理店であるAPPLE TREE株式会社は2019年11月22日、新製品「Guider2s」の販売を開始した。Guider2sは、FLASHFORGE社が新しくリリースした工業用FFF方式用3Dプリンターです。
W280*D250*H300mmという大きな造形サイズを兼ね備えている。

300℃まで対応する高温ノズルが搭載されているので、PAやPCといったエンプラ素材も出力することが可能。
その他にもカメラによるプリント監視機能や、停電時にプリントが自動停止して途中から再開できる機能、塵や臭いなどを効果的にろ過できるエアフィルターなど、優れた機能がいくつも搭載されている。

■製品情報
1.エンジニアリングプラスチック(エンプラ)の出力が可能
ノズルは300℃までの加熱に対応しているので、PAやPCといった高温が要求されるエンプラ素材の出力も可能です。耐熱性や耐衝撃性などに優れており、強度が必要な治具や、機能確認用モデルも造形することができます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/30909/7/resize/d30909-7-471727-2.png ]

2.停電時に自動停止し、復旧後に再開可能
停電などの原因によってプリント中に電源が強制的に終了してしまった場合、保護機能が働き、自動でプリントが停止されます。その後、電源を再度つけた際には、自動停止された位置から造形が再開可能なため、材料も時間も無駄にはなりません。

また、本体に内蔵されたバッテリーにより、停止時にはノズルとモデルが自動で離れます。
そのため、ノズルによってモデルが損傷することもありません。
[画像3: https://prtimes.jp/i/30909/7/resize/d30909-7-412431-5.jpg ]


3.エアフィルターを搭載
エアフィルターが搭載されているため、効果的に粉塵や嫌な臭いをろ過することができる。
ABSの嫌な臭いなども気にすることなく、安心して使用することができます。
[画像4: https://prtimes.jp/i/30909/7/resize/d30909-7-568979-4.jpg ]


4.カメラによる造形中の監視ができる
カメラが本体に搭載されているので、離れたところからでもプリントの監視ができます。
印刷中の様子をいつでも見れるので、進捗もすぐ確認できます。
[画像5: https://prtimes.jp/i/30909/7/resize/d30909-7-911709-1.jpg ]


5.とても簡単なキャリブレーション
ノズルのレベリングセンサーは、プラットフォームとノズル間の距離を正確に測定できます。
画面の指示に従って、プラットフォームのレベリングを簡単に調節することができます。
[画像6: https://prtimes.jp/i/30909/7/resize/d30909-7-521507-3.jpg ]


6.製品仕様

[画像7: https://prtimes.jp/i/30909/7/resize/d30909-7-952509-7.png ]


■会社概要
会社名:AppleTree株式会社
所在地:〒556-0005 大阪府大阪市浪速区日本橋4丁目5番地9号
設立:2012年10月
事業内容:3Dプリンターの企画製造および販売
総合ホームページ: https://appletree.jp.net
3Dプリンターページ: https://flashforge.co.jp

■展示会情報

[画像8: https://prtimes.jp/i/30909/7/resize/d30909-7-710662-6.png ]

リコージャパン株式会社主催の展示会「最先端3Dソリューションフォーラム」(2019年12月3日、ベルサール三田)にて、Guider2sを展示させていただきます。実機の展示のほかにも、著名講師陣によるセミナーも開催されます。
詳細は下記ページよりご確認ください。
https://www.ricoh.co.jp/3dp/event_seminar/20191203tokyo/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング