正モバイル株式会社は格安SIMに低価格の大容量プラン(20GB~30GB)は必要?キャリアの値下げに賛成?を調査しました。

PR TIMES / 2020年11月3日 10時45分

キャリアの値下げは価格競争を生むので、良いでしょう。格安SIMも対抗して安くせざるを得ないでしょうし、全体として競争意識が芽生えて、安くなるでしょう。

正モバイル株式会社(本社所在地:東京都中央区、代表取締役:新井正恭)が運営する『正モバイル』( https://masamobile.co.jp/ocnmobileone/)は、格安SIM利用者の20代~70代の男女30名を対象にアンケートを実施しました。
「格安SIM」に低価格の大容量通信プラン(20GB~30GB)は必要?格安SIM利用者にとってキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の値下げは賛成ですか?を調査しました。



正モバイル株式会社が格安SIM利用者30名独自に調査した結果です。

【調査1:「格安SIM」に低価格の大容量通信プラン(20GB~30GB)は必要? 】

[画像1: https://prtimes.jp/i/60688/7/resize/d60688-7-861228-0.jpg ]


格安SIMに20GB~30GBの大容量プランは12人が必要、18人が不要と回答しました。
格安SIMは、外に持ち出して利用するネット上の情報収集や各種サービス利用のための低速度のデータ通信に使っており、通信料金を安く済ませています。
動画視聴やオンラインゲームなどの大容量通信を使う場合には、家庭用のWIFIなどを使って多量のデータを使うようにすれば良いので。低価格の大容量通信プランは不要という考えもあります。

■大容量プランが必要な人の意見

ギガの容量が少ないと外ではWIFIに設定できる所をいつも探していて、常にギガの容量はあとどのくらい残っているかなどと心配しています。しかし、ギガの容量が多いとスマホで動画を見る時にたいへん便利です。スマホで動画を見ていると容量がすぐに減ってしまうので、低価格の大容量通信プランは大いに賛成でぜひ長期的に続けてほしいと思います。
Wi-Fiの普及で正直このような大容量通信プランは必要無いのかも知れません、しかし大容量である事にこした事はなく20GB~30GBあっても邪魔になる事はありませんので個人的には必要と感じました、実際にまだ外出先でWi-Fiが使えない地域や施設もありますので現段階ではやはり大容量プランというのは必要だと思います、以上が主な理由です
20GBや30GBの高容量プランを格安SIM提供会社に扱わせると大手キャリアとの価格差での幅が縮まって優位性があまりなくなり格安SIM提供会社の経営体力を奪いかねない。併せて格安SIM提供会社の中でもサブブランド(UQ・Yモバ)などに大手キャリアが政府の要望を反映させることによって大手キャリアの値段に対する逃げ道を作り出してしまう可能性も大いに考えられるため。
格安という所でも三大メーカーと同じようなサービスや機能は必要だと思ったからです。前はドコモにしてましたがあまりにも高いので格安にしてそんなに
モデルは確かにひとつ前のモデルだったりしますが使う事に対してはそんなに差がないという印象でして同じにしてくれた方がいいと思いますし沢山アプリを利用する方には大容量は必要だと思いますのでぜひとも同じくらいにしてほしいです。
家にwifiなど無い人が動画など見るのに20GBは必要だと思うんで安い値段で使えるように出して欲しいです。
自分は現在家にwifiを契約しましたが最近まで
家にそういった環境が無くて月に3GBほどのプランを契約していてラインや軽いネット検索などで毎月ギリギリだったのでwifi環境が家に無い方でも快適に携帯を使えるようにするには
格安シムの会社にこういったプランは必要だと思います。
今年6月に格安スマホを購入し、IIJmioによる格安SIMの「ミニマムスタートプラン」3ギガを契約していますが、4か月間使ってみて「この容量で不足している」と思う事は一度もないためです。最も、スマホをずっと触っている訳ではなく空いた時間に少し調べものやLINEをする程度ですが、そういった「少し触る」程度のユーザーには、3ギガでも十分なので大容量も使う予定や必要がないと思ったから不要です。また個人的には、スマホで大容量使うのならパソコンやタブレットの大画面で楽しみたい、と思うので大容量プランは不要。
やっぱり動画や映画などのコンテンツを利用していると容量がキツく感じるからです。光回線を契約するのも携帯にお金がかかりすぎるのも嫌で格安SIMにしましたが、やっぱり電波が悪い、動画などの閲覧に気を遣ってフリーWiFiの所じゃないと心おきなく観れないのが悩みどころです。多少の値上がりは気にしないので、容量増やして欲しいです…。
色々な事がデジタルに変更になってきているからです。
YouTubeや有料テレビなどの動画再生や電子ブック購入などのダウンロードが多く通信量を使う幅が広がっています。
WiFi設置されている場所も増えてきましたがセキュリティ面などを考えると分からないフリーに接続して通信をするのが怖く速度が遅いため、大容量の通信プランがあれば外でも安心してWiFiを気にせず使用出来るからです。
大手3社がギガ放題や容量の多いプランを提供しているのでそれに対抗するべく格安SIM会社でも需要があり、消費者の期待は格安SIM会社だから大手3社より
安いのでは?という気持ちがとても強い。
また家にWi-Fi環境がない場合はソーシャルネットワークの発展により必然的大容量が必要になると思われるからです。
現在でも格安SIM会社で大容量プランがある会社もあればそうでない会社もあるため今後の成長に期待の余地ありです。
必要ないと感じています。
なぜなら、wifeを使えばいいからです。
自宅にはwifeルーターがありますし、外に出ればいたる所にWi-Fiスポットがあります。
今はコロナで外出する機会も減りました。子供もユーチューブを見ていますが、やはり家にいる時だけです。
TVよりネットの中の方が情報量が豊富で楽しいです。
まだまだ子供も小さいので、家で楽しめるネット環境は助かります。
ですので、家にwifeがあれば大容量プランは必要ありません。


■大容量プランが不要な人の意見

格安シムに低価格の大容量通信プランは不要だと思います。
理由としては、
・格安シムはそもそもシム全体の通信容量が少ないので、大容量プランを導入すると通信制限がかかる可能性が高い
・大容量プランにした場合、大手キャリアのプラントの価格差がほとんどなくなる
・Wi-Fi環境が充実してきており、少し意識して使っていれば10G以上の通信容量はそもそも不要だから、です。
最近はインターネット環境がかなり普及していて家でも外でもWIFIが拾えるので20~30Gも必要ないのではないかと思う。
自分も楽天モバイルの6Gを使用しているがYouTubeなど動画配信サイトでひたすら使用しなければ全然たりてしまうので必要ないと思う。顧客のニーズに合わせてギガと料金を選べるといいですね
現在8GBで使用いているが、ちょうどいいデータ量であると感じているから。キャリア「ケータイはデータ量が多ければ、多い場合や、何かいろいろな特典を付けることで、お得に感じるが、余計なサービスを省いて、無駄ないデータ量でお得に使えるのがSIMの魅力だと思うので、大容量であれば、キャリアとの差別化がむずかしい気がするから。
動画をたまに外で見たり、Wi-Fiに変更を忘れてアプリのダウンロードをした事も有り、ネットの繋がりが遅く感じて確認してした所、データーの追加が必要か言う事が分かりました。1Gや2Gだとすぐに無くなってしまうと言う事が分かり、大容量の安心感は素晴らしく感じさせて貰立てます。また、自動車のナビも安心して航空写真を使用できます。
自分自身が月500Mのプランを使用しており、それに不自由さを感じないため、不要と考えています。SNSはインスタグラム、LINE、カカオトークを主に使用していますが、画像の読み込みや動画の再生はワイファイ環境下で行っています。外出先では、主にダウンロードをした映画を見ているため、大容量の通信プランがあっても必要がありません。もちろん、低価格で大容量通信ができるのは魅力的ではありますが、大学入学から5年間継続して月1200円で500Mの生活をしているので、不要だと考えています。
これまで携帯電話やスマートフォンを利用してきた感覚として、そのような大容量が必要となる機会に直面したことがない。動画を見たり、アプリをダウンロードしたり、人並みの使い方をしているとは思うが、せいぜい一桁に収まるデータ通信量であり、大容量プランに必要性を感じない。むしろ格安SIMらしい低料金化に特化してほしい。
スマホは持っているけど、出先での通信はほとんどしないし、家には固定の光通信を引いているため、大容量である必要がない。またキャリアを使っていたものの、過去の実績から見て自分の通信量を把握しており、大容量が必要ないから、格安SIMに乗り換えた。格安SIMはとにかく低価格に特化してくれることが、そういったユーザーをつかむと考える。
格安SIMはキャリアが構築した回線を利用することで低価格による通信が可能なため、キャリア契約者の通信に負荷をかけるような大容量通信は控えるべきだと思うからです。
通信負荷が高いエリアでは格安SIMの通信に制限がかかるのも致し方ないことだと思います。
格安SIM契約者向けの大容量通信プランを設けることは、安定的な大容量通信が保証されていないと意味がないため現実的ではないのでしょうか。


【調査2:格安SIM利用者にとってキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の値下げは賛成ですか? 】

[画像2: https://prtimes.jp/i/60688/7/resize/d60688-7-775471-2.jpg ]

キャリアの値下げに28名が賛成すると回答し、2名が反対すると回答しました。

キャリアの通信料金の値下げにより、格安SIMの通信料金も下がる可能性が出てくるためメリットがありますね。
通信料金の価格の基準としてキャリアの通信料金があり、それが下がれば、格安SIMの通信料金も下げざるを得ない状況になります。
もし、キャリアの価格が格安SIMよりも安くなるのであれは、キャリアに乗り換えるという選択肢も出てきますので、その場合でもメリットになります。

■賛成する人の意見

キャリアの値下げは格安シム利用者にとってもプラスに働くと考えています。
理由としては、
・大手キャリアが値下げをすれば、さらなる価格競争が生じるのでどちらの利用者にとってもプラスに働く
・大手キャリアは法人といわゆる「情報弱者」向けのプランに集中してプランを組み立てることが予想されるので、格安シムユーザーとはそもそも競合が生じないから、です。
今まで日本の通信料金は他の外国と比べるとものすごく高かったです。これでは通信業者が利益を得るだけで消費者にとっては何の得にもなりません。ほとんどの人は毎月スマホの通信料金の請求書を見ると頭が痛いだろうと思います。キャリア各社が値下げを行うと格安SIMの料金ももっと下がる将来可能性があるから、キャリアはどんどん値下げしてほしいです。
今回国の政策で今までなかなか料金が下がらなかったエーユーとソフトバンクが大幅に料金を下げたがまだまださげてどんどん価格競争してほしい。
今までの携帯料金は高すぎて一人一台一万円以上で家計費の負担が大きかったけど今回料金改定があり多くの家庭がゆとりができるとおもいます
何かが安くなれば違うところで消費しようとするのでいい流れだと思う
キャリアが値下げしたとしても、SIMユーザーに悪影響は全くないと思うから、賛成です。SIMの魅力は値段が安い事だけではなく、海外旅行等に行くときも、海外SIMとの入れ替えがキャリアとは違い、自分で簡単にできるところであったり、自分の好きなタイミングで好きな機種に変えられる事だと思うので、値段以外にもSIMの魅力があるので、反対とは思わないです。
キャリアが値下げしたとしても、SIMユーザーに悪影響は全くないと思うから、賛成です。SIMの魅力は値段が安い事だけではなく、海外旅行等に行くときも、海外SIMとの入れ替えがキャリアとは違い、自分で簡単にできるところであったり、自分の好きなタイミングで好きな機種に変えられる事だと思うので、値段以外にもSIMの魅力があるので、反対とは思わないです。
そもそも携帯電話料金で月額8000円~10000万円という料金がかかる事自体異常です、海外では3000円~4000円という料金設定になっているのに日本は先進国にも関わらずあり得ない料金設定にしています、私からすると時代錯誤も良いところという感じです‥、本来電波料金というものはもっと安く国民に提供出来る品なのにこうした高い料金設定はもっと早く見直すべきでした、こうした事から格安SIMに限らず大手キャリア(NTTドコモ・au・Softbank)も全て値下げするべきです、以上が主な理由です。
三大メーカーはとにかく高い本体も高いしプランも高いので各社統一した方が選びやすいしスペックもそんなに差がないと思いますので安くしてもらいたいです。あまりにも格安゜よりも差がありすぎているからです。国も携帯代を安くという事も言っているのでそれに従ってやっていってほしいと思います。
今はスマホの時代ではありますが使う側としてはみんな共通の方が不公平感もないので安くしてもらいたいです。
世間で日本の携帯電話が高額だと言う事が広まり、今回ドコモもサブブランドを立ち上げると言う動きも有りとても有り難く感じております。

2ギガくらいで五分電話は浸透して来ている気がしますが、大容量そして電話し放題はまだなかなか手が出せないので、そちらの方も価格が反映されて行く様な議論が進む事を願っております。
大手三大キャリアが安くなることで、格安SIM業者も顧客引き止めのために割引したりなにかオプションを追加してくれたり、各社色々施策を考えると思うので、個人的には携帯業界で価格引き下げ競争が起きるのは賛成です。もちろん、値下げ後比較してみて大手三社の方がメリットあるじゃん!と思ったらその時は乗り換えます。
賛成します。大手がもし安くなるようでしたたら、業界的にも全体的にもっともっと革新が起きて、格安SIM利用者にとっても恩恵を被ることができます。ですので、好影響を期待します。例えば、一般的には格安SIMとはいえ、かかる場合は3000円ぐらいまで行きますので、少しでも下がるのであればなおありがたいと思います。
キャリアのプランが格安になったとしても、自分自身がキャリアに乗り換えることは考えていません。ですが、私が格安SIMを契約した理由もキャリアが非常に高かったからです。格安SIMでもキャリアでもほとんど同じ機能を使えるのにも関わらず、大きな差があることに疑問を感じていました。さらに、昨年韓国に留学した際、現地の通信料の安さに驚きました。韓国では地下鉄に無料の公共ワイファイが備えている上に、通信料がキャリアでも月使い放題で3000円もしなかったので、とても快適でした。日本は公共交通機関のそういった通信環境がまだ整っていないからこそ、キャリアの値下げには賛成です。
大手の3大キャリアはそもそもの利用料が高すぎると常々感じていた。自分が利用していないキャリアであっても、スマホの値下げそのものには賛成したい。また、3大キャリアが値下げをすることにより格安SIMの優位性が薄くなれば、それがきっかけとなってさらなる価格競争や品質改善が行われる契機になってくれるのではないかと期待する。
格安SIM利用者は、お金がないから仕方なく格安SIMを使用している人がほとんどだと思います。いつかはキャリアを使用したいと考えているユーザーがかなりいると思います。なので値下げの巾にもよりますが、大幅に値下げされるのであればキャリアに乗り換えたいまたはキャリアに乗り換えるユーザーが増えると思います。
元々キャリア携帯を使っていましたが、値段が高く格安SIMに変更をしているので値段が安くなればキャリア携帯への変更もまた可能性が出てくるからです。
WiFiが使用出来ない場所ではやはり格安SIMは速度が遅く繋がりが良くない場所が多いのでその点でもキャリア携帯の方が助かる部分が多いです。
現在は1年ほど格安SIMを使用して使い方を理解していますが、今後自分が機械をすぐに理解出来ない年齢になり、故障や使い方が分からない場合格安SIMの会社様よりもキャリア携帯にした方が充実したサポートが受けられると考えています。
全体的な価格のベースが下がれば、それだけ格安SIM側も値段が下がる。価格を下げるためにいろいろなプランのアイディアが出てくると考えられるので、ユーザーのためになる。現在は価格差が大きいため格安SIMを選択しているが、その価格差が小さくなり、キャリアの方が魅力と思えば乗り換えることも考えられるので、選択の幅が広がる
格安SIM会社の登場で大手3社は値下げをしないと、とても対抗できない。
機種や通信プランでも一昔前は、属人的であったが、今はグーローバルの時代のため値下げは必須です。
これで値下げに踏み切れない大手3社は、ユーザー離れする可能性が大きい。また大手3社を利用し続けた所で大きな特典や還元もなく、メリットがないです。
格安SIMのメリットは、Wi-Fi環境のないエリアやあってもセキュリティに不安があるエリアでスマートフォンを利用したいユーザーが、低価格で利用できることのみだと思います。
キャリアが格安SIMと同レベルの価格帯になれば、安定的な通信が確保できた上に毎月の支出も抑えられるのでキャリアへ乗り換えるユーザーも増えて、顧客離れを抑えるため格安SIMのサービス向上にもなるのではないでしょうか。


■反対する人の

基本的に値段が下がることに関しては賛成ではあるが、大手キャリアが経営体力にモノを言わせて値下げに踏み切ると、格安SIM提供会社の役割を奪ってしまうことになりかねない。その結果格安SIM提供会社が淘汰され、結果的に大手キャリアの寡占状態に戻ってしまう恐れがある。また大手キャリアが値下げに踏み切ると、その利益分をどこかで補填しなければならない為、通信サービスに全く関係のないような商材を代理店や販売店は扱わざるを得なくなり、待ち時間の増加や接客品質の低下など結果的に消費者にとってはマイナスになる可能性が高いと考えられるため。
理由は格安シムのいいところ自分は料金面が安いのと気軽に契約出来る点と解約も縛りが無くて気軽に出来るところが良くて格安シムを使っていますが、DOCOMO、au、ソフトバンクが値段少し安くしてしまうと格安シムを使ってるメリットが無くなってしまうと思うのとこの3キャリアが安くなる事によって格安シムの契約者が減って料金高くなったりする可能性もあるので個人的には反対を選びました!

【調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年11月1日
調査対象:20代~70代の男女
有効回答数:30名

■会社概要
商号  : 正モバイル株式会社
代表者 : 代表取締役 新井 正恭
所在地 : 〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目22番11号 銀座大竹ビジデンス2F
設立  : 2020年5月
事業内容: Webメディア運営事業
資本金 : 100万円
電話番号 :070-4333-9199
メール:mail@masamobile.co.jp
URL : https://masamobile.co.jp/


■正モバイル株式会社の運営メディア
UQモバイルキャンペーン: https://xn--uq-og4aohldqc.jp/
OCNモバイルONEキャンペーン: https://www.anymusic.jp/
有紀: https://www.yuki-s.jp/
BIGLOBEモバイルキャンペーン: https://appliko.jp/
正モバイル: https://masamobile.co.jp/ocnmobileone/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング