1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

感染防止策を徹底、2年ぶりに日比谷公園で開催! 第7回 ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル 2021~全国魚市場&魚河岸まつり~ 同時開催「発見!ふくしまお魚まつり」

PR TIMES / 2021年11月2日 18時15分

全国各地の絶品魚介グルメが大集合!「常磐もの」を食べて福島を応援!

2021年11月19日(金)~21日(日) 日比谷公園(東京都千代田区)



 全国各地の魚介料理が堪能できる日本最大級の魚食イベント「第7回 ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル2021~全国魚市場&魚河岸まつり~」(主催・SAKANA&JAPAN PROJECT ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル実行委員会)が2021年11月19日(金)~21日(日)の3日間、日比谷公園(東京都千代田区)で開催されます。今年は、東日本大震災からの復興応援を目的に、「常磐もの」と呼ばれる福島県産の魚介を使った料理をお楽しみいただける「発見!ふくしまお魚まつり」(主催・発見!ふくしまお魚まつり実行委員会)を同時開催します。
 昨年の第6回は新型コロナウイルスの影響で中止となりましたが、今年は来場者の皆様に安心・安全にお楽しみいただけるよう最大限の感染防止策を徹底した上で開催します。感染防止のため、会場内の人数を一定数に制限する入場規制を実施し、入場開始時間を指定したチケット(税込み200円、両イベント共通・小学生以下無料)を販売します。入場開始時間を予約できる前売り券も販売中です。
【公式ホームページ】 https://37sakana.jp/jffes/


イベントのポイント


◎2年ぶりに日比谷公園で開催
 最大限の感染防止策を徹底し、日比谷公園で開催!日本最大級の魚食イベントを安全安心に楽しめます。
◎全国から旬の新鮮な魚介が集結
 会場で解体したマグロや器からこぼれるイクラの丼。クジラの高級希少部位の鍋など、旬で新鮮な魚介グルメを多数用意!
◎「常磐もの」のスペシャルメニュー
 ノドグロとヒラメの二大高級魚が一度に味わえる丼ぶりや福島牛とウニ、カニ、イクラのコラボ丼など今ここでしか味わえないスペシャルメニューを堪能ください。
[画像1: https://prtimes.jp/i/68543/9/resize/d68543-9-12407997fdc97cc70b9e-0.png ]




全国各地の旬で新鮮な味覚を堪能!ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル

 旬の新鮮な魚を使った海鮮丼、産地でしか味わえない郷土料理、温かい鍋料理、海鮮ラーメンなど、バラエティー豊かなメニューをお楽しみいただけます。

[画像2: https://prtimes.jp/i/68543/9/resize/d68543-9-49ea1d94cc9b95be0cf1-5.png ]

こぼれイクラ丼(こぼれいくら海越)
 器からこぼれ落ちる海の宝石!濃厚でプチプチ食感のイクラを超贅沢に。不漁で高騰しているなか、特別ルートで確保し採算度外視で大放出します!

[画像3: https://prtimes.jp/i/68543/9/resize/d68543-9-ce2e9a6419fad1401fc6-14.png ]

本マグロの大トロ入り三色丼(豊洲かんぺい会)
 会場で本マグロを解体!さばきたての空気に触れていないマグロの味わいは格別。大トロ、中トロ、赤身を思う存分食べ比べてください。

[画像4: https://prtimes.jp/i/68543/9/resize/d68543-9-8b8e00352b5dd6e1d076-8.png ]

くじら舌(サエズリ)のもつ鍋(元祖くじら屋)
 「サエズリ」と呼ばれる高級希少部位を贅沢に使った老舗鯨専門店の自慢メニュー。良質な脂がとろけ出して鍋全体に染み渡り、独特の旨味を醸し出します。

[画像5: https://prtimes.jp/i/68543/9/resize/d68543-9-ebde6758cd28a322e9df-9.png ]

焼き牡蛎(木村功商店)
 栄養豊かな世界農業遺産「能登の里山里海」によって育まれた「能登カキ」は今がまさに旬。濃厚で、クリーミーな贅沢な味わいをご賞味ください。

[画像6: https://prtimes.jp/i/68543/9/resize/d68543-9-e6d277a00badab3127ce-13.png ]

海峡サーモン丼(北彩漁業生産組合)
甘味とコクがあるのに、後味サッパリ!津軽海峡の荒波と冬の冷たい海水で育てられたサーモンは身が引き締まり、上質な脂がのっている逸品です。

[画像7: https://prtimes.jp/i/68543/9/resize/d68543-9-143f15877f7a949581fe-4.png ]

かにみそ甲羅焼き(鳥兼)
 濃厚なカニミソと、甘みの濃いカニの身を甲羅に入れ、炭火でじっくり焼き上げました。冬の日本海の味覚を、カニどころの鳥取からお届けします。

[画像8: https://prtimes.jp/i/68543/9/resize/d68543-9-29af997bb506d6e05d18-11.png ]

超濃縮!エボダイひもの丸ごとラーメン(西伊豆町はんばた市場)
 干物を丸ごとスープに!静岡県西伊豆町の名物を生かした創作麺。干物を粉末にしてスープに溶かし込み、エキスを濃縮しました。

[画像9: https://prtimes.jp/i/68543/9/resize/d68543-9-11dacdf208d70511fa29-7.png ]

鮎の塩焼き(火処)
 炭火で外はパリッ、中はフワッ!地元新潟産にこだわった鮎を秘伝のブレンド塩と絶妙な火加減で焼き上げました。頭から丸かじりで食べてみてください。


今ここでしか味わえない「常磐もの」料理 発見!ふくしまお魚まつり


[画像10: https://prtimes.jp/i/68543/9/resize/d68543-9-5f18355ffab5da4cdbf9-15.jpg ]

ノドグロとヒラメの常磐もの丼(かに船)
 白身のトロと呼ばれる幻の高級魚と高級白身魚の代表格が夢の競演。ノドグロは炙り、ヒラメは漬けにして、おいしさをさらに引き立てました。

[画像11: https://prtimes.jp/i/68543/9/resize/d68543-9-88b18297d1ccd8672fff-6.png ]

ほっき飯(大川魚店)
大粒で甘みの濃いほっき貝を厳選。ほっき貝の身とゆで汁で炊いたご飯に、プリプリの身をのせた福島・浜通り地方の自慢の郷土料理です。

[画像12: https://prtimes.jp/i/68543/9/resize/d68543-9-1c7986af9525f5971363-12.jpg ]

福島牛のウニ、カニ、イクラまみれ丼(かに船)
ブランド牛のとろけるローストビーフにウニ、カニ、イクラを贅沢にトッピング。肉と魚介の最強コラボレーションをお楽しみください。

[画像13: https://prtimes.jp/i/68543/9/resize/d68543-9-102cd942231c58380213-2.png ]

さんまのポーポー焼き(小名浜さんま)
新鮮なさんまのすり身にミソとネギ、ショウガを混ぜ合わせた、福島・いわきの漁師飯。船上で焼いたとき、脂が炭火に落ちてポーポーと音がしたのが名の由来。

[画像14: https://prtimes.jp/i/68543/9/resize/d68543-9-48a1e64a7ca93c8f1ba4-3.png ]

うに貝焼き(かに船)
 貝殻にウニを山盛りにして蒸し焼きにした、福島・いわきが誇る郷土料理。ウニの香ばしい風味と甘みが口いっぱいに広がります。

[画像15: https://prtimes.jp/i/68543/9/resize/d68543-9-59400646a307ff4d18cf-10.png ]

常磐ものイカスミパエリア(エルトラゴン)
 東京・虎ノ門の人気パエリア店シェフが手がける本場の味。直径1メートルの巨大パエリア鍋で150人前を一気に炊き上げ、出来たてを提供します。


新型コロナ感染防止策を徹底

 本イベントでは、ご来場者の皆様に安全にお楽しみいただけるよう、国及び東京都の新型コロナウイルス感染防止のためのガイドラインを順守することに加え、主催者として最大限の感染防止策を実施します。新型コロナウイルスの感染状況によっては、主催者の判断や自治体・関係機関の指導などにより、感染予防対策を変更したり、イベントを中止したりする可能性があります。

■入場規制
・会場内の人数を一定数に制限するため、入場規制を実施
・入場開始時間を指定した当日券及び前売り券を販売
・1時間ごとに定員を定めて入場。入場開始時間から最大2時間で退場
例:12時入場開始チケットの場合は14時退場
  13時入場開始チケットの場合は15時退場
・入場者は入場開始時間ごとに色が異なるリストバンドを腕に装着
・入場は「入場専用口」のみ。退場は「退場・再入場口」から
・入場開始時間から2時間以内であれば、再入場可能
・リストバンドの色ごとに退場を促す

■感染防止対策
・新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)のインストールの推奨
・入場口でのサーモカメラによる検温の実施。37.5度以上の発熱者の入場お断り
・チケット購入エリア及び会場内でのマスクの着用の徹底
・列に並ぶ際の十分なソーシャルディスタンスの確保
・入場口及び場内各所のアルコール消毒液を設置。こまめな手指の消毒を徹底
・マスクを外すのは飲食時のみとし、マスク会食を呼びかける
・飲食スペースのテーブルは、対面ではなく横並びで飲食するよう配置
・スタッフによるテーブルなどのこまめな消毒
・会場外での飲食の禁止徹底

■スタッフ
・主催者スタッフには、新型コロナのワクチン接種記録書証もしくは陰性証明書を確認
・主催者スタッフ及び出店ブーススタッフの検温及び体調管理の徹底
・主催者スタッフ及び出店ブーススタッフのマスク着用、手指消毒の徹底
・チケット販売窓口など来場者と対面する主催者スタッフはフェイスシールドを着用
[画像16: https://prtimes.jp/i/68543/9/resize/d68543-9-6ec4754cfc9064b7c5a5-1.png ]




ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル


[画像17: https://prtimes.jp/i/68543/9/resize/d68543-9-5d7e4ef68bec846c671f-17.jpg ]

 日本の大切な食文化で、栄養豊富な魚食の活性化を目的に開催。2019年の第5回では4日間で約17万人が来場し、累計来場者は約78万人に上る魚介料理に特化した食フェスです。マグロやサーモン、ウニ、カニ、カキなどの海の幸が大集合。旬の新鮮な魚の海鮮丼、産地でしか味わえない漁師飯や郷土料理、温かい鍋料理、海鮮ラーメン、海鮮パエリアなど和洋中のメニューをお楽しみいただけます。


発見!ふくしまお魚まつり

 親潮と黒潮がぶつかる福島県沖の海域は、「常磐もの」と呼ばれるおいしい魚介類の宝庫です。昨年度は、都内に期間限定店舗を開設し、「常磐もの」を使った魚介料理を配達と持ち帰りで提供する「ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル 発見!ふくしまお魚まつり by デリバリー&テイクアウト」を2回開催。今年は、日比谷公園で食フェスイベントとして開催します。
 「ノドグロとヒラメの常磐もの丼」や「福島牛のウニ、カニ、イクラまみれ丼」といった、今ここでしか味わえないスペシャルメニューのほか、「うに貝焼き」や「さんまのポーポー焼き」、「ほっき飯」といった郷土料理などをご用意します。おいしく食べて福島を応援してください。
 ※新型コロナウイルスの感染拡大などで開催中止となった場合は、昨年度と同様にデリバリーとテイクアウトを活用したイベントを実施する予定です。
[画像18: https://prtimes.jp/i/68543/9/resize/d68543-9-95d9c6468f81eb464e31-18.png ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください