アジアトップ校学生モチベーション調査

PR TIMES / 2013年9月3日 14時49分

アジアトップ校学生には“就社”を意識付けるアプローチを

 経営コンサルティングを手がける株式会社リンクアンドモチベーション(東証一部、代表:小笹芳央、以下LM)の研究機関『モチベーションエンジニアリング研究所』は、アジアのトップ校の大学生にアンケート調査を行いました。



【結果サマリー】
■「就社」意識の高い日本人と比較すると、アジアトップ校学生は「就職」意識が高い
注目したいのは、日本人と反対の結果になっている「事業内容」の低さと「仕事内容」の高さです。会社が何をしているかよりも、自分が何をするのかに対しての関心が高いことを示しています。日本人学生が就職活動において、どの「会社」に入るかを重視するのとは異なり、アジアトップ校学生はどの「仕事」をするのかを重視するということです。

■上司に対して求めることは、「キャリア提示」についてのみアジアトップ校学生の方が高い
「上司に求める要素」の重要度は全体的に日本人の方が高くなっていますが、「キャリア提示」についてのみアジアトップ校学生の方が高い結果となりました。「特徴理解」や「課題把握」で差が大きくなっていることから、上司を自分の面倒を見る人とおくかどうか等、上司像の違いがありそうです。

■「ひとつの会社に長く勤める」と考える学生も一定数いる
望ましいキャリアパスについてたずねたところ、「ひとつの会社に長く勤める 36.0%」「複数の会社に勤める 42.7%」などの結果になりました。明確なキャリア目標をもった自立的なアジアトップ校学生ですが、1 つの会社で腰を据えて働きたいという学生も一定数いることがわかりました。「グローバル経営幹部候補」を採用したい日本企業と、「1 つの会社に長く勤めたい」一部のアジアトップ校学生のニーズは、合致する可能性があると言えます。


詳細と考察は、下記をご覧ください。


【はじめに】
「グローバル採用元年」と呼ばれた2011年以降、多くの日本企業が「優秀な外国人社員」を「グローバル経営幹部候補」として採用すべく、「グローバル採用(特にグローバル新卒採用)」に力を入れ始めました。
それから2年、採用した外国人新卒社員は、想定していたような成長を遂げてくれているのでしょうか。
企業にインタビューすると、「すぐに辞めてしまった」「なかなか業務や職場に適応できない」「日本人新卒社員に比べて成長が遅い」などの声を聞くことが多く、多くの企業で「グローバル新卒採用」に成功したとは言えないのが実情です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング