UL、EPEATとの提携により環境配慮型電子製品の検証・登録サービスを強化 ~ メーカーの高まるニーズに応えサステイナビリティ・サービスを拡大 ~

PR TIMES / 2012年5月31日 15時29分

【2012年5月24日(現地時間) - 米国ジョージア州発】 米国の製品安全試験・認証機関であるUL Inc.(本社:イリノイ州ノースブルック、以下UL)は、環境表示検証サービスプロバイダーとして北米の電子製品環境アセスメントツールであるEPEAT[R]のパイロット・プログラムに参加することを発表しました。この提携により、ULは電子製品業界においてサステイナビリティ(持続可能性)ソリューションをワンストップで提供できるプロバイダーとなりました。

UL Environment (環境)の事業部門責任者であるサラ・グリーンスタインは、「ULは今回のプログラム参加により、電子製品メーカーの皆様の環境ニーズに応えるというULの姿勢を一層強化することができました。ULは、EPEATの登録支援業務にのみに留まらず、ライフサイクルに基づく環境パフォーマンスの認証および環境表示検証、室内空気環境の試験・認証など、一連のサステイナビリティ・サービスの提供が可能になりました」と述べています。

EPEATシステムでは、検証と登録が一機関で集中管理されていました。今回、UL とEPEATが提携した結果、第三者機関も製品登録機関(PRE:Product Registration Entities)として製品の登録が実施できるシステムへと生まれ変わりました。EPEATの認証では、製品を環境性能基準に準じて評価すること、並びにEPEATシステムへの登録後に製品を定期的にモニターすることが必要です。その能力が認められEPEATへの参画機関として選ばれた試験機関は現在、世界に4箇所のみであり、UL Environmentはその1つです。

EPEATの最高経営責任者(CEO)であるロバート・フリスビー氏は、「ULは長きにわたって電子製品業界に精通し、その環境事業部門が製品の環境表示の評価を行っています。そのULが、拡大し続けるEPEATのネットワークに加わるのに最適の機関です。これからはULと共に、電子製品のグリーン化促進を目指し、対応製品の範囲拡大やEPEAT評価システムの厳格性の維持に取り組むことができるようになったことを大変嬉しく思います」と述べています。

【ULがグローバルに展開する5つのビジネスユニット】
■Product Safety (製品安全)
ULは、世界に認められた第三者試験認証機関として、ULマークをはじめとする各種認証マークを取得していただくための試験を実施し、お客様の世界市場への進出をサポートします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング