シンガポール航空、年末年始の期間中 大阪・名古屋-シンガポール路線での提供座席数を拡大

PR TIMES / 2019年10月24日 18時25分

シンガポール航空日本支社(東京都千代田区、日本支社長ウォン・テックフイ)は、大阪(関空)-シンガポール路線、名古屋-シンガポール路線で2019年の年末から2020年の年始の期間、増加する旅行需要に対応するため、提供座席数を拡大します。



大阪-シンガポール路線では、2019年12月27日から2020年1月6日までの間、現在ボーイング787-10で運航している2便のうち1便をエアバスA380-800で運航します。同路線に投入するA380-800は、スイート12席、ビジネスクラス86席、プレミアムエコノミークラス36席、エコノミークラス245席で構成されています。

名古屋-シンガポール路線では、現在ボーイング787-10で毎日1便運航していますが、2019年12月29日および2020年1月2日の2日間、新たにエアバスA330-300による臨時便運航を行い、1日2便を運航します。エアバスA330-300は、ビジネスクラス30席、エコノミークラス255席で構成されています。

大阪-シンガポール路線の機材変更および名古屋-シンガポール路線の臨時便運航により、期間中は全体で7%のキャパシティ増加となる2,000席以上の新たな座席提供が可能となります。

シンガポール航空は、シンガポール・チャンギ空港を拠点に、子会社を含め37の国と地域の136都市へネットワークを有しています。同社は、引き続き高品質なサービスをお客様へ提供することにより、今後も国内外のビジネスパートナーの皆様と共に、日本が掲げている2020年までに訪日外国人4,000万人、日本からの海外旅行者を2,000万人に引き上げるという政府目標に貢献して参ります。

今回の運航・サービスに関する詳細は、下記シンガポール航空ウェブサイトをご覧ください。
大阪(関空)-シンガポール路線: https://bit.ly/2OVITkr
名古屋-シンガポール路線: https://bit.ly/2N26i0N

対象期間中の大阪(関空)および名古屋路線の運航情報 (記載時刻はすべて現地時刻)

大阪(関空)路線 【2019年12月27日~2020年1月6日】
●大阪(関空)-シンガポール
[画像1: https://prtimes.jp/i/43096/13/resize/d43096-13-693722-1.jpg ]

関係当局の認可を前提とします。
*A380-800L (F: スイート、 J: ビジネスクラス、 S: プレミアムエコノミークラス、 Y:エコノミークラス)

●シンガポール-大阪(関空)
[画像2: https://prtimes.jp/i/43096/13/resize/d43096-13-552911-2.jpg ]

関係当局の認可を前提とします。
*A380-800L (F: スイート、 J: ビジネスクラス、 S: プレミアムエコノミークラス、 Y:エコノミークラス)

名古屋路線 【2019年12月29日および2020年1月2日】
●名古屋-シンガポール
[画像3: https://prtimes.jp/i/43096/13/resize/d43096-13-150972-3.jpg ]

関係当局の認可を前提とします。
*A330-300 (J:ビジネスクラス 、 Y:エコノミークラス)

●シンガポール-名古屋
[画像4: https://prtimes.jp/i/43096/13/resize/d43096-13-414529-4.jpg ]

関係当局の認可を前提とします。
*A330-300 (J:ビジネスクラス 、 Y:エコノミークラス)

###
シンガポール航空について
シンガポール航空は126機の最新鋭旅客機と7機の貨物機を保有し、シルクエアーおよびスクートを含め、東京(羽田・成田)、大阪、名古屋、福岡、広島など、世界37の国と地域の136都市を結ぶ充実したネットワークを有しています。シンガポール航空は、そのブランドの果たすべき役割として3つの柱である「Service Excellence」、「Product Leadership」、「Network Connectivity」の向上に継続的に取り組んでいます。シンガポール航空は「スターアライアンス」に加盟しています。シンガポール航空ホームページ:singaporeair.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング