サイファー・テック、スマートフォンのゲームアプリ向け脆弱性診断サービスを開始

PR TIMES / 2014年5月30日 16時3分

~ネイティブゲーム提供における事業リスクを回避~

サイファー・テック株式会社は、スマートフォン向けゲームアプリにおけるクラッキング行為に対する脆弱性を診断する「ゲームアプリ向けクラッキング耐性評価サービス」を2014年6月から開始いたします。

【背景】ネイティブゲームの成長に伴い、クラッキングによるデータ改ざんやユーザなりすましなどのリスクが発生
【サービス概要】ゲームアプリの脆弱性を専任担当者が手作業にて客観的に検証
【今後の方針】自社技術の新規市場開拓を推進



著作権保護や機密文書保護等に関わる各種セキュリティソフトを開発するサイファー・テック株式会社(本社:徳島県海部郡美波町、代表取締役社長:吉田基晴、以下サイファー・テック)は、スマートフォン向けゲームアプリにおけるクラッキング行為(※1)に対する脆弱性を診断する「ゲームアプリ向けクラッキング耐性評価サービス」を2014年6月から開始いたします。

※1:クラッキング行為
一般的に悪意を持ってシステムに不正侵入したりシステムの破壊・改ざんを行ったりすることを指します。ソフトウェアに対するクラッキングは主にコードを解析されたり、プログラムを改ざんされて異なる動きをするように作り替えられたり、ネットワーク通信が攻撃されたりすることなどが挙げられます。

【背景】ネイティブゲームの成長に伴い、クラッキングによるデータ改ざんやユーザなりすましなどのリスクが発生
従来のモバイルゲームはウェブブラウザ上にてプレイする“ブラウザゲーム”が主流でしたが、近年はスマートフォンの普及に伴い、端末にアプリをインストールしてプレイする“ネイティブゲーム”が主流になってきています。


一方でネイティブゲームはスマートフォン端末にデータをインストールしてプレイする仕様であるため、ネイティブゲーム提供において、アプリデータ・プレイデータの改ざんやネットワーク攻撃などさまざまなリスクを想定する必要があります。

<主なリスク例>
・アプリデータやプレイデータ改ざんによる不正行為(ゲームレベルの不正調整、アイテム不正獲得、など)
・アプリの複製(海賊版アプリの不正販売)
・利用ユーザの情報漏えい(クレジットカード番号などの流出)
・他ユーザへのなりすまし(他ユーザへの迷惑行為)
など

そしてこれらは、ゲームアプリを提供する企業にとって売上の減少や信頼性の低下など、重大な事業リスク要因となることから、早急な対策が求められています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング