原材料を極限まで絞った”クリア”な植物性ニュートリションバー(栄養バー)「CLR BAR(クリアバー)」の販売を開始

PR TIMES / 2018年8月31日 12時1分

~ パッケージ前面に全ての原材料を表記 ~

インターネット発の菓子ブランド「snaq.me」を展開する株式会社スナックミー(本社:東京都中央区、代表取締役:服部 慎太郎)は、シンプルな植物性原材料のみで作ったニュートリションバーCLR BAR(クリアバー)を2018年8月31日より販売いたします。

公式HP: https://clrbar.com



[画像1: https://prtimes.jp/i/31067/14/resize/d31067-14-536456-0.jpg ]

現在、国内で販売されているほとんどのニュートリションバーには10~30種程度の原材料が使われていますが、CLR BAR(クリアバー)は、原材料をドライフルーツやナッツなどの自然由来のシンプルな食材、7種またはそれ以下に絞ってつくった画期的な二ュートリションバー(栄養バー)です。
添加物、砂糖、合成甘味料、動物性原料、グルテン、大豆、トランス脂肪酸などは含まれておらず、持ち運びに便利なバースタイルで、エンドウ豆やナッツ由来のタンパク質が1本あたり8~9g程度含まれているため、運動前後や外出中の小腹満たしに最適です。

CLR BAR(クリアバー)は、CLEAR [クリア:澄んだ、純粋な、きれいな、明確な]であることをコンセプトにしています。そのため、できるだけ自然で純粋な原材料を使い、原材料を自信を持ってパッケージの前面に大きく明確に表記しています。

2018年8月31日の販売開始時は、全9フレーバーを展開しますが、今後はお客様のお声を反映させながら、新たなフレーバーの開発も進めてまいります。
[画像2: https://prtimes.jp/i/31067/14/resize/d31067-14-591189-1.jpg ]

代表の服部慎太郎からひとこと

「CLR BAR(クリアバー)は、シンプルで美味しいニュートリションバーが無いという悩みから始まりました。運動前後の栄養補給や外出時、時間がないときの小腹満たしになにか食べたいけれど、余計なものは摂りたくない。フルーツのようなナチュラルでシンプルなものを手軽に食べたいけれど、持ち運びや保管が大変。

そんな悩みを抱えているとき、海外でフルーツバーに出会いました。ドライフルーツをベースにしたシンプルなバーで栄養補給やおやつとして多くの人が食べていました。ただ、少しクセがあるため、日本人の口に合うものは少なく日本ではあまり普及していませんでした。
日本にもニュートリションバー(栄養バー)は数多く存在しますが、小麦や大豆、シリアルをベースとしたものがほとんどです。

そこで、ドライフルーツとナッツをベースに余計なものは一切加えず最もCLEAR(クリア)で美味しいバーを作ろう、という目標のもと、CLR BAR(クリアバー)の開発に着手しました。今回は、パティシエが日本人の好みに合う9フレーバーを開発し、国内の工場で生産しています。運動前後や、外出時や忙しい朝など時間がないときの小腹満たしとして、ぜひお召し上がりいただければと思います。
[画像3: https://prtimes.jp/i/31067/14/resize/d31067-14-676511-2.jpg ]


CLR BAR詳細

[表: https://prtimes.jp/data/corp/31067/table/14_1.jpg ]



【株式会社スナックミーとは?】
 株式会社スナックミーは「SNACKING RE INNOVATION(おやつの変革)」をミッションに、テクノロジーを駆使した「オンライン発の今までにない商品開発手法を使った菓子メーカー」を目指し、2015年9月に創業しました。無添加おやつのパーソナライズ×サブスクリプションサービス「snaq.me」を基軸に、シンプルな植物性原材料のみで作ったニュートリションバー「CLR BAR」など、”Natural(自然に) & Simple(素材本来の味を) & New(まだ見たことのない)プロダクトをこれからも発信し続けていきます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング