先進国の余分なカロリーを、開発途上国で必要なカロリーに変換する全く新しいプログラム、TABLE FOR TWOが「カロリーオフセット」を開始

PR TIMES / 2014年5月22日 15時58分

ローソン、オイシックス、江崎グリコ、永谷園が参加表明 、世界経済フォーラム東アジア大会 マニラ記者発表会へ安倍総理からもメッセージ

日本発、世界の食料問題の解決に取り組むNPO法人TABLE FOR TWO International(東京都港区、代表 小暮 真久 以下、TFT)は、2014年5月、新たなプログラム「カロリーオフセット」を立ち上げました。カロリーオフセットは、「SAVE CALORIE, SAVE WORLD~あなたがオフしたカロリーが、誰かのカロリーになる~」をスローガンに、先進国の余分なカロリーを開発途上国で必要なカロリーに変換する全く新しいプログラムです。既に株式会社ローソン、オイシックス株式会社、江崎グリコ株式会社、株式会社永谷園、株式会社FiNCが参画を表明しており、業界の枠を超えた取り組みとして、さらなる拡大を目指します。



本プログラムでは、TFTが先進国において企業と協働し、健康を意識した食品(従来よりもカロリーを抑えている商品や減塩商品など)や、体を動かすことでカロリーを消費できる商品・サービスの企画販売、およびイベントを実施していきます。プログラム参加者は、カロリーオフセットマークが付いた対象商品の購入やサービスの利用、イベント参加で体を動かすことによって、カロリーをオフセット※1することができ、その売上の一部が寄付金となります。寄付金は、開発途上国での菜園づくりなどを通して、農業生産向上の指導やインフラ整備に利用され、自発的にカロリーを生み出すための支援に充てられます。 (※1「オフセット」とは、「差し引き勘定」「埋め合わせ」の意味)

その第一弾として、5月15日よりオイシックスが「ノンオイル 橙とラ・フランスのドレッシング」を新発売しました。また、「健康」をテーマにした商品・サービスの提供や店舗開発を集中的に進める新事業戦略を打ち出しているローソンは、今秋に全国のローソン店舗でカロリーオフセット対象商品を発売する予定です。永谷園は野菜を使ったそうざいの素や健康食材である生姜を使用した商品を展開しており、カロリーオフセット対象商品の策定を進めます。

本日、5月22日、世界経済フォーラム東アジア大会(マニラ)において、本プロジェクトを説明する記者発表会を開催しました。世界経済フォーラム 東アジア大会共同議長である株式会社ローソン 代表取締役 会長 新浪剛史氏、ならびにオイシックス株式会社 代表取締役 高島宏平氏が、本プロジェクトへの参画について発表したほか、安倍総理大臣からのメッセージレターも紹介されました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング