ハンドルを回すだけで、簡単・確実に取り付けられるプリローダーシステム搭載のチャイルドシート「takata04-neo SF」を2014年6月7日(土)より順次発売

PR TIMES / 2014年6月6日 15時59分

シートベルト、エアバッグ、チャイルドシートなどの自動車用安全システムを提供する専門メーカー、タカタ株式会社(CEO:高田重久 本社:東京都港区、以下タカタ)は、備え付けのハンドルを回すだけで、誰でも簡単・確実に車に取り付けられるプリローダーシステム※1を搭載したチャイルドシート「takata04-neo SF」(タカタゼロヨン ネオ エスエフ)を、2014年6月7日(土)より順次発売いたします。




新商品「takata04-neo SF」は、シートベルトをチャイルドシート背面にあるシャフトに通し、本体側面のハンドルを回すだけで、誰でも簡単・確実に車に取り付けられます。また、取り付け完了を音でお知らせする機構もハンドル内に搭載しました。

国内のチャイルドシートの使用状況は、2013年の全国調査※2で幼児用チャイルドシートの使用率が62.1%、さらにその中で正しく取り付けられている割合※3は33.6%と、正しく取り付けられたチャイルドシートを使っている幼児はわずか5人に1人※4しかいない計算となります。実際にチャイルドシートを使用しているユーザーに調査※5をしても、64%の人が「正しく付けられているか不安に感じることがある」と回答しており、不安を感じながら使用している実態がわかりました。

タカタは、今回こうした状況を改善することを目指して、「takata04-neo SF」の発売にいたりました。 またプリローダーシステムが搭載されたモデルは、国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)が実施しているチャイルドシートアセスメントにおいて、最高評価の「優」を獲得するなど、その高い安全性が評価されています。

タカタは、チャイルドシートは安全装置であり、子どものためのシートベルトと考えています。タカタは自動車用安全システムの専門メーカーとして、チャイルドシートに対しても常に一歩先の安全を目指し、理想の安全システムを追求しています。


<新商品紹介>


takata04-neo SF
本体価格: 40,000円(税別)
カラー : ネイビー、ブラウンの2色

※1 チャイルドシート背面にあるシャフト部分にシートベルトを通し、本体側面についたハンドルを回すだけで、約100kgの力で簡単・確実に取り付けできる機構
※2 2013年の警察庁とJAFによる「チャイルドシート使用状況全国調査」
 数値は1歳から4歳のチャイルドシート使用率
※3 2013年の警察庁とJAFによる「チャイルドシート取付け状況全国調査」
 数値は1歳から4歳の幼児用チャイルドシートの取り付け状況
※4 62.1%×33.6%=20.87%
※5 2013年当社調べ http://www.takata.com/childseat/hug/pr/index.html

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング