熱い感動を呼び覚ます「ワンピース」の名場面が 次々に浮かび上がるデジタルウォッチ 発売開始!

PR TIMES / 2013年9月9日 12時44分

ワンピースファン衝撃のプロジェクトがついに始動!

インペリアル・エンタープライズ株式会社は、国内有数のメーカーによる協力のもと、アニメ「ワンピース」の数々の名シーンやキャラクターの画像全48種が毎時ごとに登場するデジタルウォッチ『ONE PIECE DIGITAL ARCHIVE (ワンピース デジタル アーカイブ)』を2013年9月9日(月)より、当社オンラインショップ『PREMICO(プレミコ)』他にて発売を開始いたします。



ありったけの冒険の思い出を、腕時計に永久保存。
そんな夢のようなアイテムの開発プロジェクトがついに始動! 国内有数のメーカーによる協力のもと開発された「ワンピース」のオフィシャルライセンスウォッチ<ONE PIECE DIGITAL ARCHIVE>。
電子書籍にも応用されているアクティブマトリクスEPDを採用した、驚くほど画期的な新時代のデジタルウォッチです。
男女兼用のスタイリッシュなボディに“冒険のアーカイブ”を内蔵。
電子頭脳に全部で48もの画像がインプットされた特殊設計となっており、麦わらの一味をはじめ、エースやシャンクスといった人気キャラクターが次々に登場。
感動と興奮の名場面が浮かび上がり、毎時あなたを遥かな冒険へといざないます。

◆特設ページURL:http://iei.jp/op18a/


【商品特徴】-----------------------------------------------

■全48種ものキャラクター画像や名場面が表示される特殊設計

麦わらの一味をはじめ、エースやシャンクスといった人気キャラクターの画像を搭載。
正時ごとに画面が切り替わり、さまざまなキャラクター画像や名場面が表示されます。
その電子頭脳にインプットされたデータの総数はなんと48種。
そのうち半分の24は、出現率が低く設定された名セリフ入りのレア画像となっています。


■視認性に優れたアクティブマトリクスEPD(電気泳動ディスプレイ)採用。300dpiの高精細グラフィック。

通常のデジタルウォッチの約3倍となる300dpiの滑らかな高精細表示と、4段階の階調表現による繊細なグラフィックを実現したセイコーウオッチ(株)の独自技術「アクティブマトリクスEPD」。
約180°の視野角と明瞭なコントラストで、紙媒体にも引けをとらない視認性の高さを誇るこの技術により、滑らかな書体や美麗なグラフィックなどの表現が可能になりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング