SAMAC、ソフトウェア資産管理の最新動向セミナーを開催【2012年7月4日 秋葉原】

PR TIMES / 2012年5月29日 16時49分

ソフトウェア資産管理(Software Asset Management、以下SAM)の水準の向上を目的に活動している、一般社団法人ソフトウェア資産管理評価認定協会( 以下SAMAC、Association for SAM Assessment &Certification)は、SAM の最新動向を紹介する「SAM 最新動向セミナー」を秋葉原コンベンションセンターに於いて2012 年7 月4 日(水)に開催いたします。

近年、企業および公共機関におけるIT 資産は重要性を増し、これに伴い日常業務においてIT に深く関わりをもつスタッフの数も増加傾向です。このような環境において、情報漏洩対策を含むセキュリティの確立をはじめIT 投資コストの最適化、さらに、組織運営の根幹にも関わるコンプライアンス強化へのニーズは高まる一方であり、その課題解決手法としてこれまで以上にSAM への注目が高まりつつあります。

「昨年に続き2 回目となる今回の「SAM 最新動向セミナー2012」は、SAM導入を検討中の企業や団体の担当者やSAM関連サービス従事者だけでなく、広くSAMに興味や関心をお持ちの全ての方に向けて、SAM に係る最新情報に加え、SAMAC の紹介ならびに企業や自治体におけるSAM導入事例を紹介いたします。


・開催日時: 2012年7月4日 (水) 10:00 - 17:10(9:30開場)
・開催場所: 秋葉原コンベンションホール(http://www.akibahall.jp/
       〒101-0021
       東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル2F
・受講料:  無料
・定員:   300名(定員になり次第受付終了)
・Webサイト: http://www.samac.or.jp/seminar20120525.html
・申込サイト:http://www3.revn.jp/samac_seminar/
・申込締切: 2011年6月27日(水)
・主催:   一般社団法人ソフトウェア資産管理評価認定協会(SAMAC)
・特別協賛:  ビジネス ソフトウェア アライアンス(BSA)


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング