オリーヴの会社が小さな出版事業を始めた、その理由は?

PR TIMES / 2013年9月4日 9時42分

瀬戸内・豊島から船出する新しい出版社に、この秋注目!

小豆島ヘルシーランドは、出版事業を主幹とする豊島オリヴアルス株式会社を設立。小豆島と隣の島・豊島を拠点に小さな編集室を構え、「心の健康」につながる地域ならではの文化発信をスタートしました。




■社是の実現のために、島に根差した出版社が必要でした。
小豆島ヘルシーランドの社是は「心と体の健康を追求して小豆島の発展に寄与する」。“体の健康”は、オリーヴをまるごと活かした化粧品、食品、健康食品を通信販売事業でその普及を目指しています。一方、“心の健康”はアートや文化で追求していこうというのが当社の事業目的。アートでは、小豆島の迷路のまちにMeiPAM(メイパム)というアートギャラリーを運営し、数々の上質な芸術作品を展示したり、映像作品を上映したりしています。小豆島・豊島は、壺井栄の不朽の名作『二十四の瞳』をはじめ、世界に誇る文学作品を数多く生み出した「文芸の島」。時代を超え地域を超えて、心の豊かさを育むことのできる「書籍」「出版」事業は、まさに「心の健康」を届ける文化事業なのです、瀬戸内国際芸術祭の舞台として注目される今こそ、この島々の風土から生まれたすばらしい文学の伝統や生活文化を掘り起こし、「瀬戸内の文芸復興(ルネッサンス)」を行うべきではないか、と私たちは考えています。

■豊島オリヴアルス株式会社の出版レーベル“サウダージ・ブックス”
知恵をひろい、歌をおくる。波のページに耳をすませる。
本の向こう側にひろがる、あこがれの風景へ。
サウダージ・ブックスは、「旅」をテーマにする出版レーベルです。瀬戸内海の島に編集室をかまえ、手仕事の温もりを大切にしつつ、文芸書、人文書、アートや人びとの生活文化にかかわる本を日々作っています。また、瀬戸内という地域で大切につたえられてきた「暮らしの物語」や「生活の知恵」を書物としてデザインし、世界にむけてそのすばらしさを発信したいという想いをもっています。本を愛するみなさまの心のなかで、かけがえのない一冊との出会いから、豊かな旅の物語がはじまることを、わたしたちは願っています。 (編集責任者:淺野卓夫)


小豆島・豊島をはじめとする瀬戸内という地域に根ざしながら、

文芸・人文・アート・暮らしに関する書籍を刊行していきます。


【2013年10月 2冊同時発売】
小豆島が生んだ文学の本です。

■瀬戸内海のスケッチ 黒島伝治作品集
(黒島伝治 著/山本善行 選)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング