ワンオブゼム、人気スマートフォンネイティブゲームのリサーチサービス「Spicemart」にて中国大陸版の提供開始

PR TIMES / 2014年8月28日 13時53分

株式会社ワンオブゼム(本社:東京都新宿区、代表取締役:武石幸之助、以下ワンオブゼム)は、人気スマートフォンネイティブゲームのリサーチサービス 「Spicemart(スパイスマート)」(以下、Spicemart)にて海外市場のリサーチを開始し、第1段として、中国大陸ネイティブゲーム市場およびゲームアプリのレポートの提供を開始致します。年内に台湾、韓国市場のレポート商品を順次リリースしていく予定です。



■Spicemartとは
 Spicemartとは、人気スマートフォンネイティブゲームの運用とその効果を可視化したリサーチサービスです。日本のスマートフォンネイティブゲーム市場は、2012年から2013年にかけて売上高が3倍以上に伸長し、今や米国を抜き世界一の規模となっております(App Annie調べ)。本サービスは、その世界最大のスマートフォンネイティブゲーム市場において、特に運用レベルが高いとされるゲーム約50タイトルを独自の方法でリサーチし、分析した情報をブラウザ上および分析レポートにて提供しております。

■中国大陸版レポートのセールスポイント

<主要プラットフォームにフォーカス>
 中国のスマートフォン向けモバイルゲーム市場は急速に拡大をしており、2013年には112.4億元(約1,850億円)となり、2014年には200億元(約3,300億円)を超えると予測されているものの(CNNIC調べ)、Google playやiTunes storeの他、Tencentや360等の大手サードパーティプラットフォームの売上ランキング、新着ゲームの情報は日本においては収集困難となっています。

<人気タイトル特集>
 Spicemart中国レポートでは、各プラットフォームのランキングや新着情報に加え、トップセールスにランクされているゲームを当社スタッフおよび現地パートナーがプレーし、レベルデザイン、パラメーター設計などのゲーム運営や、ゲームデザインなどの詳細をレポートします。本レポートテスト版では、中国全土1位を獲得した「刀塔传奇」、tencent人気シューティングゲーム「雷霆战机」の各20ページにわたる特集を展開しております。

<ローカライズタイトル動向> ※近日リリース予定
中国市場で展開している北米、韓国、日本製タイトルのユーザー評価、運用手法、プロモーション手法などを紹介し、ローカライズポイントをまとめます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング