国連難民支援キャンペーン「てとてプロジェクト」

PR TIMES / 2014年3月25日 17時46分

~国連UNHCR協会×札幌市中央図書館~

国連の難民支援機関、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の日本における公式支援窓口である国連UNHCR(ユーエヌエイチシーアール)協会(国連難民高等弁務官事務所日本委員会)が4月2日から15日まで札幌市中央図書館で「てとてプロジェクト」を行います。




「てとてプロジェクト」とは、私たちがともに“てとて”を取り合い、世界の難民を皆で支えていこう!というプロジェクトで、2012年より始動しています。

今回は、札幌市中央図書館展示室で、難民の現状をお伝えするパネルのほか、難民キャンプのジオラマや、現地での支援物資等の展示を行います。図書館で国連UNHCR協会がキャンペーンを行うのは全国的にも初の取り組みです。

一人でも多くの方々に、世界の難民の現状を知っていただき、支援の輪を、札幌から、そして北海道から、少しずつでも広げる契機となればと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【国連難民支援キャンペーン 「てとてプロジェクト」 概要】
◇開催日程: 2014年4月2日(水)~4月15日(火)  8:45~17:15 無休
(開催時間中は国連UNHCR協会スタッフが常駐しております)
◇開催場所:札幌市中央図書館1階「展示室」(中央区南22条西13丁目)
◇参 加 費: 無料
◇主   催: 特定非営利活動法人 国連UNHCR協会
◇協   力: 札幌市中央図書館

◇内   容: ・難民の現状を伝えるパネル、難民キャンプのジオラマ、現地での支援物資等の展示
      ・UNHCRの活動の紹介や難民の人々の体験談を語っていただいたDVDの上映
       ・国連UNHCR協会のキャンペーンスタッフによる説明、「毎月倶楽部」への参加依頼

◇そ の 他: キャンペーンの開始日である4月2日(水)は、中央図書館のリニューアルオープン日です。
      オープニングセレモニーも開催予定です。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■特定非営利活動法人 国連UNHCR協会(国連難民高等弁務官事務所・日本委員会)について
UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)は1950年に設立された国連の難民支援機関です。
紛争や迫害により故郷を追われた難民・避難民を国際的に保護・支援し、難民問題の解決に対して働きかけています。1954年と1981年にノーベル平和賞を受賞。スイス・ジュネーブに本部を置き、125カ国以上で援助活動を行っています。この国連の難民援助活動を支えるため、広報・募金活動を行う日本国内における公式支援窓口が国連UNHCR協会です。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング