フルノシステムズ、テレビ大阪に即時利用できるWeb認証による フリーWi-Fiシステムを提供し、利便性の向上に貢献。

PR TIMES / 2014年11月21日 11時20分

テレビ東京系列のテレビ大阪では、ゲストやスタッフのスマホやタブレット端末の活用をサポートするため、フルノシステムズの無線LANシステムを採用し、安定したWi-Fiインフラを構築しました。




株式会社フルノシステムズ(代表取締役:妹尾行雄、古野電気(株)関連会社、以下フルノシステムズ)は、テレビ東京系列のテレビ大阪株式会社(代表取締役:青山高博、以下テレビ大阪)様に、無線LANシステムの採用をいただきました。

当社の無線LAN製品「UNIFAS/ACERA」をベースとした無線LANシステムは、株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイト(代表取締役:上原一郎、西日本電信電話(株)関連会社、以下NTTネオメイト)様が提供する「無線LANクラウドソリューション」として採用していただいたものです。

■アクセスポイント ロビー設置

テレビ大阪様では、インターネットに接続できるモバイルパソコンを社員に支給し、そのパソコンのみでしか無線LANを利用できないシステムを運用していました。しかしながら、社員やスタッフ、スタジオ収録参加のゲスト等から「社内でもスマホ、タブレットを無線LANに接続したい」という声が大きくなってきました。そこで、セキュリティを確保した上で、導入コストが安く、かつ管理者の負担を軽減でき、いつでも、誰でも活用できるフリーWi-Fiに更新できないかどうか検討されました。

その結果、クラウドベースで遠隔から無線LANを集中管理でき、かつテレビ局という特殊な環境に適した柔軟な認証システムにも対応できるフルノシステムズの「クラウド対応可能な無線LANシステム」に注目いただき、その製品を採用してクラウドサービスとして提供しているNTTネオメイト様の「無線LANクラウドソリューション」を導入いただきました。

テレビ局という性質上、多数のゲストの方々がロビー、接客ルーム、事務所、スタジオなど頻繁に出入りしている環境にあります。この環境の中で、安全性を保ちながら、多くのユーザが安定して接続できるWi-Fi環境を提供するために、メールアドレスにより即時認証できるシステムを設計しました。

無線LAN接続後、WEBブラウザを起動すると、利用者登録画面に誘導されます。その後、利用者は、メールアドレス、ユーザー名、所属会社名の情報を入力します。入力したデータは、サーバー側へ登録され、72時間利用することができ、再ログインも可能です。登録時点から即時利用できることで、利用者の利便性が向上し、また管理者側においても、クラウドによる24時間監視システムなので、管理者負担の軽減に貢献します。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング