スリック、アルミ・マグネシウム・チタン軽合金パイプ採用の「AMTシリーズ」新製品、1機種を5月下旬に追加発売。

PR TIMES / 2014年5月26日 9時51分

独自合金パイプにより、軽さと使い勝手の良さを両立。

スリック株式会社(本社:埼玉県日高市、代表取締役社長:山中 徹)は、5月23日(金)、販売会社の株式会社ケンコー・トキナー(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:山中 徹)を通じて、スリック独自の軽量素材である「アルミ・マグネシウム・チタン合金」パイプを採用した、AMTシリーズ三脚に、自由雲台を標準装備し、脚パイプをチタンカラー仕上げとした「プロ 500 BH-TI」を全国カメラ店、量販店にて発売いたします。メーカー希望小売価格(税別)は¥37,800です。



プロ 500 BH-TI


デジタル一眼レフカメラ+望遠レンズ(70-300mmクラス)をカバーする、スリック独自のAMT合金中型三脚。自由雲台搭載により、軽量化と素早いセットを可能にしました。AMTとは「アルミ・マグネシウム・チタン合金」で、スリック独自の軽量化パイプを使用しています。

プロ 500 シリーズは通常3ウェイ雲台を装備していますが、「より軽く、本格的な三脚を持ち歩きたい」「コストを優先して検討したいのでカーボンでないものを」というご要望にお応えし、AMT合金の中型モデルに自由雲台を組み合わせることで軽く持ち運べて、セットが素早くできるモデルとしました。

3ウェイ雲台装備の通常モデル(プロ 500 DXIII)よりも軽く、雲台のロックも1箇所となるため、撮影現場で素早いセットが可能です。

プロ仕様ながら、脚の伸縮は簡単で確実な操作が可能なレバーロック式を採用。パイプカラーはチタンカラーの採用で、軽快なイメージとしました。


仕様

縮長:762mm

全高:1,632mm

エレベーター下げ全高:1,372mm

地上最低高:337mm

重量:2,430g

段数3段

パイプ径:26.8mm

最大搭載荷重:3kg


プロ 500 BH-TIの特長


レバー部

出っ張りが少なく、持ち運び時に邪魔になりにくい形状を実現しました。レバーロックのハウジング部はアルミダイカスト製とすることで、高強度・高耐久性を実現。レバー部が縦に長く、上下段のパイプの重なりが大きいため、ガタツキがなく、しっかり固定することができます。


本体・脚基部

本体はアルミダイカスト製。脚基部は六角穴つきボルトの軸で固定され、開脚の固さについて、市販の工具でユーザーによる調整が可能です。


脚パイプ

アルミ・マグネシウム・チタン合金の採用により、他にないパイプ肉厚0.8mmを達成。大幅な軽量化を達成しました。(画像のパイプはブラック仕上げのもので、本製品はチタンカラーです)


自由雲台

雲台にクイックシュー、2軸水準器を採用した、SB-200 DQNを採用しました。縦位置にセットする溝を2箇所に備え、カメラの構図決定が容易。さらに雲台を固定するレバーの角度を任意に調整可能で、操作性を追求。さらに3ウェイ雲台よりも軽く、持ち運びの便利さと構図決定の素早さを両立しました。


ケースが付属します。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング