1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

丸井がマルイ・モディ全23店舗に「Teachme Biz」を導入

PR TIMES / 2021年7月26日 11時15分

約2,000テナントへ動画や画像による情報共有を実施

マニュアル作成・共有システム「Teachme Biz」を提供する株式会社スタディスト(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:鈴木 悟史、以下「スタディスト」)は、株式会社丸井(本社:東京都中野区、代表取締役社長:青野 真博、以下「丸井」)が「Teachme Biz」を導入、7月5日より利用開始したことを発表します。丸井が運営するマルイおよびモディの全23店舗で展開する約2,000テナントに対して実施している情報共有を、対面からオンラインに切り替え、動画や画像を活用します。



[画像: https://prtimes.jp/i/32315/32/resize/d32315-32-dca4221d26eaa696d4e5-1.jpg ]



導入の目的

 丸井では、以下の目的のため「Teachme Biz」を導入しました。

・情報共有の効率化
 これまで、マルイおよびモディ各店から自店のテナントへの情報共有は、密を避けるため月数回に分けた会合形式で実施していましたが、効率性に課題を抱えていました。販促施策や施設で実施されるイベントの案内、成功事例の紹介といった情報を「Teachme Biz」を通じて各テナントへオンライン配信することで、効率的な周知を実現します。また、非対面であることから感染症の拡大防止にも貢献します。

・ペーパーレスの実現
 毎月実施される対面の情報共有では、全店舗において年間で合計約20万枚の紙資料が配布されていました。それらをすべて「Teachme Biz」によってデジタル化することで、情報共有におけるペーパーレスを実現します。


「Teachme Biz」選定のポイント

 丸井は、以下の理由から「Teachme Biz」を採用しました。

・コンテンツ共有のしやすさ
 「Teachme Biz」は、共有する内容に応じて画像や動画、説明文を自由に組み合わせたコンテンツを作成可能です。これにより、文字だけ、あるいは動画だけではむずかしい「伝わる」情報共有が実現します。また、「Teachme Biz」は、アプリ内で動画の編集が完結します。強調したい箇所の一時停止やマークの付加が容易で、動画の編集経験がないユーザーもすぐに利用できます。
 なお、「Teachme Biz」における、閲覧する環境に適したフォーマットで表示して配信する仕組みには、スタディストの特許技術が使用されています。(特許第6128503号および特許第6544868号)

・閲覧状況確認のしやすさ
 「Teachme Biz」では、共有したマニュアルやコンテンツが「いつ」「誰に」閲覧されたのか確認することができます。これにより、配信して終わりではなく、閲覧状況の分析や、未閲覧者への再通知といった運用改善に取り組むことが可能になります。


今後の展開

 丸井は、今後「Teachme Biz」を通じてテナントとのコミュニケーションの効率を高めていく予定です。スタディストは、多店舗展開の小売業に対して「Teachme Biz」および販促実行管理/支援システム「Hansoku Cloud」の販売拡大を更に進めてまいります。


Teachme Bizについて

 クラウド型のマニュアル作成・共有システム「Teachme Biz(ティーチミー・ビズ)」は、企業のマニュアルの作成、管理を効率化することで、生産性を大きく向上させるソリューションです。手順書の作成時間を大幅に削減するだけでなく、人材育成効率化や顧客満足度の向上など、様々な成果が報告されています。2020年3月に発表された「マニュアル手順書ツールユーザー満足度調査」においては、ユーザー満足度、認知度、利用率の全ての項目でNo.1を獲得しました。利用料金は1社あたり月額 50,000 円(税抜)から。
https://biz.teachme.jp/ 


株式会社スタディスト 会社概要

所在地:東京都千代田区神田錦町1-6 住友商事錦町ビル9階
設立: 2010年3月19日
資本金: 25億3,408万円(資本準備金含む)
代表者: 代表取締役CEO 鈴木 悟史
事業内容:マニュアル作成・共有システム「Teachme Biz」および販促実行管理/支援システム「Hansoku Cloud」の開発、販売
ウェブサイト: https://studist.jp/

報道関係者 お問い合わせ先

株式会社スタディスト
広報:朝倉
電話:050-1744-3760
E-mail:pr@studist.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング