Mastercard、アンバサダー大坂なおみ選手を起用したPricelessキャンペーンを本日から開始

PR TIMES / 2020年3月23日 10時5分

Mastercard(本社:ニューヨーク州パーチェス、日本地区社長:ナンダン・マー、以下Mastercard)は、同社アンバサダーであるテニスプレーヤー大坂なおみ選手を起用した Pricelessキャンペーンを3月23日(月)から開始します。今回のキャンペーンでは、2019年に最も市場価値の高いアスリート*として評価された大坂選手を起用し、Mastercardが「世界で最も多くの場所で使える**」ブランドであることを日本市場において、より浸透させることを目的として展開します。




[画像: https://prtimes.jp/i/37691/33/resize/d37691-33-629169-0.jpg ]


キャンペーンで着用するファッションアイテムは、ファッショニスタとしても注目される大坂選手が、生地の素材やパターンなど自身のこだわりを取り入れた限定デザインで、NY発のジャパニーズファッションブランドADEAM(アディアム)とのコラボレーションで実現しました。日本の3都市(Tokyo・Yokohama・Kyoto)からインスパイアされた同アイテムは、4月1日から5月31日まで株式会社ZOZOが運営するファッション通販サイト「ZOZOTOWN」 ( https://zozo.jp/) にて限定販売される予定です。

Mastercard日本地区社長であるナンダン・マーは次のように述べています。「今回のキャンペーンの特徴である日本の都市にインスパイアされた大坂なおみ選手とADEAMとのコラボレーションは、日本を象徴する多様性、伝統、イノベーションの結集と言えます。多文化の象徴である大坂選手が日本で広く受け入れられているように、Mastercard(R)が日本を含む世界中のどの地域でも高い利便性を提供するブランドであることをキャンペーンを通してお伝えしたいと考えています。また、昨年のラグビーワールドカップ2019™に引き続き、日本のカード会員の皆様に日本を含む世界中どこでも安心してMastercardが利用できる安心感と便利さを訴求するとともに、Mastercardの新たな付加価値を提供していきたいと考えています。」

大坂なおみ選手は、今回のキャンペーンスタートについて次のように述べています。「私は、テニスの試合はもちろん、プライベートでも世界中を旅しています。世界のどの都市でも、自由にショッピングを楽しむことが私のリラックス方法ですが、支払いはいつでも便利に使えるMastercardを利用しています。私にとって日本は最もくつろげる場所で、美しいシーンと多様な文化を楽しめる国です。この度、私のパートナーであるMastercardやADEAMとともに、日本の3都市からインスパイアされた限定コレクションの企画、制作に自ら携わることで、私の日本に対する熱い想い”Love”を表現する機会に恵まれたことを大変うれしく思います。」

また、コラボレーションパートナーであるADEAMデザイナー 前田華子氏は、「国際的なテニスのスーパースターであると同時に、スタイルアイコンとしても知られる大坂なおみ選手とMastercardとのパートナーシップを通じ、彼女の素晴らしい人間力と躍動する生命力を表現し、日本の各都市の美しさにインスパイアされたデザインを一緒に作り上げたことを誇りに思います。本コレクションが世界中の女性に語り掛けるものとなることを信じております」と語っています。

<キャンペーン>
東京都心部を中心に屋外広告、全国紙、そしてデジタルメディアにて展開します。また、「大坂なおみx Mastercard(R) プライスレス限定コレクション」は、4月1日より5月31日(予定)まで日本最大級のファッション通販サイト「ZOZOTOWN」 ( https://zozo.jp/) にて限定販売します。
詳細は、下記のMastercardウェブサイト内キャンペーンページをご覧ください。
https://www.mastercard.co.jp/ja-jp/consumers/offers-promotions/pricelessnaomi.html
本キャンペーンの画像および動画はデジタル・プレスキット ( https://newsroom.mastercard.com/asia-pacific/ja/digital-press-kits/20200323/) をご覧ください。

*英国SportsProが2019年8月に発表した「50 Most Marketable 2019」より
**(C)The Nilson Report, Issue 1662 (2019年10月) 世界各地にある約5,300万の加盟店がMastercardを取り扱っています。

Mastercardについて
Mastercard(NYSE: MA)は、世界の決済業界におけるテクノロジー企業です。世界最速の決済ネットワークを運用し、世界210を超える国や地域の消費者、金融機関、加盟店、政府、企業を繋いでいる、世界で最も多くの場所で取り扱われている決済ブランドです。多くの人にとってショッピング、トラベル、事業経営、財務管理など日々の商取引がよりシンプルで、安全かつ効率のよいものとなるプロダクト及びソリューションを提供しております。詳細は https://www.mastercard.co.jpをご覧ください。MastercardのニュースはTwitterで@MastercardAP(英語)をフォローいただくか、公式ブログBeyond the Transaction Blog(英語)をご覧ください。また、MastercardのニュースルームEngagement Bureau(日本語)でご登録いただくと、最新ニュースをEメールアラートにてお知らせいたします。

ADEAMについて
東京生まれで、幼少期の大半をニューヨークで過ごした、日本人デザイナー前田華子が立ち上げたファッションブランド 「ADEAM(アディアム)」。2013年秋よりニューヨークコレクションに出展し、2015年にはニューヨークシティバレエ団に招聘され、ファッション・ガラの衣装デザインを行っており、東京ミッドタウンをはじめ、国内に独立した3店舗を持ち、バーグドルフ・グッドマン、ニーマン・マーカス、ノードストローム、ハービー・ニコルズなど、世界20店舗以上で販売されています。ADEAMを支持する著名人も多く、ミシェル・オバマ元大統領夫人、オプラ・ウィンフリー、アン・ハサウェイ、ヨルダンのラーニア王妃らがコレクションを着用。東京とニューヨークという2つの都市にインスピレーションを得ながら、アーティスティックな感覚と日常のワードローブを融合させたコレクションを作り続けています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング