「ファミマ eco ビジョン 2050」プラスチック削減に向けた取り組み ファミリーマートコレクションヨーグルト飲料を紙製容器へ変更

PR TIMES / 2020年6月15日 10時0分

~1本あたり約13g、年間約 610 トンのプラスチック使用量削減へ~

株式会社ファミリーマート(本社:東京都港区、代表取締役社長:澤田貴司、以下ファミリーマート)は、 持続可能な社会の実現に貢献するため、2030年及び2050年に向けた中長期目標を定めた「ファミマ eco ビジョン 2050」の取り組みとして、2020年6月16日(火)から、「のむヨーグルト ゴールデンパイン」(本体:128円、税込:138円)など、ファミリーマートコレクションヨーグルト飲料6種類を、順次紙製に容器に 変更いたします。




年間約 610トンのプラスチック削減に向けた取り組み


ファミリーマートは、本年、「ファミマecoビジョン2050」を策定し、持続可能な社会の実現に貢献するため、2030年及び2050年に向けた中長期目標として、「温室効果ガス(CO2 排出量)の削減」、「プラスチック対策」、「食品ロスの削減」の3つのテーマに基づき数値目標を設定しております。
このたび変更するファミリーマートコレクションヨーグルト飲料は、従来のプラスチック製容器を使用した場合と比較して、1本あたり約13g のプラスチック使用量の削減が見込まれます。今回の紙製容器への変更において、 年間約610トンのプラスチック削減を見込んでおります。(2019年度対比)

【商品例】
[画像1: https://prtimes.jp/i/46210/34/resize/d46210-34-410495-0.jpg ]


【商品名】のむヨーグルト ゴールデンパイン
【価格】本体:128円、税込:138円
【発売日】2020 年6月16日 (火)
【発売地域】全国
【内容】ゴールデンパインアップルの果肉入りで、
飲みごたえのあるヨーグルトドリンクです。


※現在発売中の下記商品は順次切替
・6月下旬より順次切替
 のむヨーグルト いちご 本体119円(税込128円)
 のむヨーグルト ブルーベリー本体119円 (税込128円)
 のむヨーグルト バナナ 本体119円 (税込128円)
 のむヨーグルト プレーン本体 110円 (税込118円)
・7月上旬より順次切替
 のむヨーグルト プレーン本体 110円 (税込118円)
 のむヨーグルト クリーミープレーン本体172円 (税込185円)
※軽減税率対象商品のため、税率 8%の価格を掲載しております。


ファミリーマートコレクションカップ飲料における、主なプラスチック使用量削減取り組み


ファミリーマートでは、このたびの紙容器への切り替えに先立ち、ファミリーマートコレクションカップ飲料において、以下の取り組みを順次実施し、プラスチック削減に取り組んでおります。
・2020 年3月~一部商品のカップフィルムを無くし、カップへのラベル直接印刷に変更することで、年間約 124 トン削減。

今後も、ファミリーマートでは、「あなたと、コンビに、ファミリーマート」のもと、サステナビリティ活動を一層進化させることで、社会とともに持続的な成長を実現してまいります。


ファミマecoビジョン2050


[画像2: https://prtimes.jp/i/46210/34/resize/d46210-34-368357-1.png ]


1.温室効果ガスの削減:店舗運営に伴うCO2排出量(1店舗当たり)
 -省エネ型機器の導入により、店舗の電気使用量を抑制し、CO2排出の削減を進めます。
【数値目標】 2030年 40%削減、2050年 100%削減(2013年対比)
2.プラスチック対策:オリジナル商品の環境配慮型包材・容器の使用割合
 -容器・包材に植物を原料にしたバイオマスプラスチックや再生PETを配合するなど、環境配慮型素材の使用を進めます。
【数値目標】 2030年 60%、2050年 100%
尚、レジ袋等の用度品を含めた環境配慮型素材割合は2030年度までに70%の水準を目指します。
3.食品ロスの削減
 -商品の発注精度の向上や容器包装の改良等によるロングライフ化を進めることで、食品ロスの削減を推進します。尚、発生した食品廃棄物は、食品リサイクルループなどの取り組みにより資源の有効活用につなげてまいります。
【数値目標】 2030年 50%削減、2050年 80%削減(2018年対比)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング