美白化粧品市場と容器動向を探る

PR TIMES / 2014年5月30日 10時37分

著しい進化を遂げている美白化粧品の現状 とこれからの可能性と容器動向

化粧品容器メーカーの石堂硝子株式会社(大阪府大阪市)が、美白化粧品 の容器動向を分析した。
年々、著しい進化を遂げている美白化粧品の現状 とこれからの可能性を探っている。



□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1. 目新しさよりも「安心感」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

2014年の美白化粧品市場も昨年同様、美白有効成分を前面に打ち出した商品が市場を席巻している。

ただし、美白成分含有化粧品による白斑問題もあり、新規に開発された成分を採用している化粧品は

登場していない。

市場の主役は長年の研究により安全性が確立され、消費者からの信頼も厚い美白化粧品がだ。

目新しさよりも「安心感」が求められている。

その代表格が、2005年に発売開始となった大手メーカーS社の人気美容液Hだ。

シミ・そばかすを防ぎ・メラニンの生成を防ぐ4MSK(4−メトキシサリチル酸カリウム塩)と

m-トラネキサム酸に加えて、真皮からのシミ信号を断ち切るアンダールーシダー美容液を

加えた美容液は大ヒットを記録し、今年も女性誌の美白特集の常連アイテムだ。

この美容液は、8年連続で美白美容液市場売上NO.1に輝き、売上本数1000万本以上を突破している。

独自に開発した成分で「シミをあらゆる角度から断つ!」という訴求力の高さと、

長年にわたる研究体制が消費者の安心感や信頼感につながった。

大手訪販メーカーP社の美容液も、根強いファンを獲得しているアイテムだ。

採用している美白有効成分はルシノール(4-n-ブチルレゾルシン)。

厚生労働省から1998年に認可を得た歴史ある成分であり、メラニン合成に関わる酵素チロシナーゼの

酵素活性を阻害する働きを持つルシノールは、女性の間ではすでに馴染みのある美白有効成分となった。

P社の美白美容液は、このルシノールにビタミンC誘導体を加え、2つの成分の相乗効果を活用している。

安心感のある2つの成分の配合が、同美白美容液の人気を後押ししているわけだ。

外資系の美白化粧品にも目を向けてみよう。フランスのC社の代表的な美白ラインは、

2009年に認可を取得したTXC(トラネキサム酸セチル塩酸塩)を配合している。

アジア女性向けの成分として独自に開発したもので、美白だけでな肌を鎮静させる効果も

期待されているアイテムだ。

C社は、今年、代表的な美白ラインに、肌表面のたんぱく質のカルボニル化を抑制して、

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング