日本とトルコを結ぶ絆・エルトゥールル号の奇跡 「歴史街道」3月号で総力特集。トルコ陶器が当たるプレゼントも!

PR TIMES / 2013年2月6日 15時58分

時を越え、国境を越えた日本とトルコの感動の物語

月刊誌「歴史街道」2013年3月号(株式会社PHP研究所発行、2月6日発売)では、「日本とトルコを結ぶ絆・エルトゥールル号の奇跡」を総力特集しています。その発売を記念して、この度、抽選で3名様にトルコ陶器(小鉢)が当たるプレゼントキャンペーンを実施いたします。



「私たちは、この恩を決して忘れません」

明治23年(1890)、台風の荒れ狂う和歌山県串本町沖で、オスマン帝国(トルコ)の軍艦エルトゥールル号が遭難。600名余の乗組員のうち、500名以上が死亡または行方不明という大惨事になってしまいます。しかし、串本の人々の懸命の救助と介抱により、69名が救出されました。この事件はトルコに伝わり、日本への親愛の情が大いに高まりました。

それから95年後の昭和60年(1985)。イラン・イラク戦争の激化により、テヘランの在留邦人200余名が脱出不可能の危機に直面します。その窮地に、危険を顧みず救援機を派遣してくれたのがトルコでした。百年の時を越えた恩返しをしてくれたのです。

「歴史街道」2013年3月号では、和歌山県串本の方々や、テヘラン邦人救出の当事者の方々など多数のインタビューをを交え、この事件を掘り下げました。国境も時をも越えた日本とトルコの友情の絆は、まさに一つの奇跡ともいうべきものであり、私たちに「真心」「恩義」の大切さを語ってやみません。

なお、この特集号の発売と、日本とトルコの友情の歴史を記念して、3名様にトルコ陶器(小鉢)のプレゼント企画を実施します。ふるってのご応募をお待ちしております。


◆「歴史街道」3月号 総力特集<エルトゥールル号の奇跡>の詳しい目次は、以下でご確認ください

  http://www.php.co.jp/magazine/rekishikaido/


◆今特集号に掲載した、童門冬二氏の記事を、以下で公開しております

  http://shuchi.php.co.jp/article/1325


◆プレゼントの応募につきましては、以下をご覧ください。

  http://www.php.co.jp/news/2013/02/rekishikaidopresent.php


【「歴史街道」とは】
「いま、歴史がおもしろい」
歴史は過去の人物や出来事を取り上げるとはいえ、現代の人びとに役立たなければ意味がありません。また、歴史は本来、そんなに堅苦しく難しいものではなく、もっと身近で楽しいものであるはずです。そして何より、人間を知り、時代の流れを知る上で、歴史ほど有益な参考書はありません。そこで『歴史街道』は、現代からの視点で日本や外国の歴史を取り上げ、今を生きる私たちのために「活かせる歴史」「楽しい歴史」をビジュアルでカラフルな誌面とともに提供します。いわば、新しいタイプの歴史雑誌です。


【本件に関するお問合せ先】
株式会社PHP研究所 広報担当 高橋
Mail: prinfo@php.co.jp TEL: 03-3239-6229

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング