【三菱電機】ファクトリーオートメーション製品 5機種がグッドデザイン賞を受賞

PR TIMES / 2014年10月21日 20時15分

システムにさらなる付加価値を創出

三菱電機株式会社は、生産現場の効率化を実現するFA(Factory Automation)製品群に、誤操作・誤認識を防ぐための使い勝手の良い機構や視認性の高いデザインを採用しておりましたが、今回そのデザイン性が評価され、2014年度のグッドデザイン賞(公益財団法人日本デザイン振興会主催)を受賞しました。



▼受賞の背景
長期に渡り、製造業においては誤操作・誤認識によるシステムのダウン、それに伴うメンテナンス費用の増加が課題とされてきました。当社FA製品群はそうした観点から、誤操作・誤認識を防ぐために使い勝手の良い機構や視認性の高いデザインを採用しております。そのような状況下、当社FA製品群の内「シーケンサ MELSEC iQ-Rシリーズ」「データ収集アナライザ MELQIC IU1シリーズ」「インバータ FREQROL-A800シリーズ」「表示器 GOT2000シリーズ」「エネルギー計測ユニット EcoMonitorLight」の5製品が2014年のグッドデザイン賞を受賞しました。


▼受賞製品の特長
1. シーケンサ MELSEC iQ-Rシリーズ
製造工場に欠かせない、“生産ラインの頭脳”とも例えられるシーケンサ。フロントカバーやベース取付け機構にユニバーサルデザインを採用。操作性の高いユニットデザインで生産システムの構築に貢献します。
▽詳細はこちら
http://www.mitsubishielectric.co.jp/fa/products/cnt/plcr/pmerit/concept/index.html?ref=press141001

2. データ収集アナライザ MELQIC IU1シリーズ
品質向上に必要なデータ収集・解析・判定・保存を1台でこなすオール・イン・ワン・アナライザ。ユニバーサルデザインの視点で使いやすさを追求します。
▽詳細はこちら
http://www.mitsubishielectric.co.jp/fa/products/cnt/melqic/lineup/iu1/index.html?ref=press141001

3. インバータ FREQROL-A800シリーズ
三相誘導電動機の回転数を、簡単・自由に変えることができる可変周波数電源装置。エレベータや立体駐車場、食品包装機械にまで身近に幅広く使われています。ユニバーサルデザインの採用による使いやすさと世界を意識したシャープなデザインが、インバータを極めます。
▽詳細はこちら
http://www.mitsubishielectric.co.jp/fa/products/drv/inv/lineup/fr_a800/ina8001d.html?ref=press141001

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング