化粧品容器メーカーの石堂硝子株式会社: 敏感肌スキンケアの容器動向を探る

PR TIMES / 2014年8月7日 10時39分

女性の4割は自分の肌を「敏感」と感じていた

化粧品容器メーカーの石堂硝子株式会社(大阪府大阪市)が、敏感肌スキンケアの容器動向を分析した。
女性の敏感肌に対する意識や新しい傾向に迫り、敏感肌用容器の可能性を浮き彫りにしている。


     




□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. 堅実に伸びる敏感肌コスメ市場
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
いつもの化粧品が合わない、ぴりぴりとした刺激を感じる。
そんな悩みを持つ女性は増えている。インターネットリサーチ会社B社の2013年の調べによれば、
女性の4割は自分の肌を「敏感」と感じていた。

こうした敏感肌の女性向けのコスメ市場は、毎年堅実に伸びを示している。

マーケティング会社S社の統計によれば、2013年度の敏感肌コスメ市場は前年度比2.2%増の569億円。
2年連続の増加となった。

敏感肌向けのメイクアップ化粧品も発売はされているが、大半はスキンケア化粧品だ。
この569億円という数字もほぼスキンケア商品とみて間違いない。

女性の肌を脅かす要素は増えることはあっても、減少はしていない。
花粉、PM2.5、汗、粉塵、睡眠不足、エアコンによる極度の乾燥、ストレス。
さまざまな危険因子に囲まれ、敏感肌市場は今後も拡大していくと予想される。

□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2. 敏感肌の種類
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
ここで、敏感肌の種類と、それぞれの人気ブランドを見てみよう。

女性誌や美容誌をチェックすると、敏感肌は3つに分類される。

1.敏感肌
2.超乾燥肌
3.ザラザラ肌
4.オイリー肌

1は、刺激を感じやすい肌のこと。ぴりっとした刺激を感じたり、いつも使っている化粧品が合わない
 と感じたときの肌が、この敏感肌だ。
 
2の超乾燥肌は最近とみに増加傾向にある。というのも、どこにいってもエアコンが完備され、
 室内はオーバードライの環境にあるからだ。湿度は下がり、肌から必要な水分が奪われ、
 かさかさとした肌の異変に悩む女性が増えている。

3のザラザラ肌は主に、強い日光と乾燥した空気が原因だ。湿度が高く暑い屋外環境と涼しく
 乾燥した室内環境とのギャップが肌にダメージを与え、ざらつきをもたらしている。

4のオイリー肌とは、夏に陥りやすい敏感肌の一種。にきびに悩んだり、毛穴が開いたりといった症状を
 起こしやすい肌を指す。

これらの敏感肌に人気のブランドの代表格として挙げられるのが、国内大手S社のブランドD。
肌トラブルに着目して開発された歴史あるブランドであり、敏感肌の種類に応じて複数のシリーズを網羅している。
メイクアップ化粧品まで揃えた豊富なラインナップは世代を超えて多くのファンを獲得してきた。

東洋美学をベースに開発された人気ブランドAもファンが多いブランドの一つ。
とくに「敏感肌向け」とうたっているわけではないが、肌のゆらぎ・東洋の思想・ヒーリング・肌へのやさしさ
といった4つの考え方を踏まえた処方は、敏感肌女性との親和性が高く、女性誌の「敏感肌」特集の常連でもある。

皮膚科医が開発したドクターズ系スキンケアも変わらず敏感肌女性の支持を得ている。
最近、クローズアップされることが多いのは、大手S社が医療機関に特化したたブランドとして開発したN。
入手できるチャネルが限られるニッチなブランドだが、それだけに信頼度が高く、根強いファンを生み出している。

潤いのある肌に不可欠の成分セラミドを配合したブランドも女性誌での紹介頻度が高い。
訪販メーカーP社のブランドD、製薬会社K社のブランドH、大手K社の敏感肌向けブランドC等などが代表格。
ドクターズ系ブランドが主流だった20年ほど前と比べると、敏感肌スキンケア市場にはさまざまなプレイヤーが
参入し、激戦を呈している。

□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3. 容器の基本はシンプル&ピュア
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
ここで、敏感肌スキンケア化粧品の容器の特徴を挙げてみよう。

1.奇をてらわないシンプルなボトルデザイン
2.ドクターズ系は味気ないほどベーシックな容器が目立つ
3.色は圧倒的に白が多い
4.薄いピンクをベースにしたメタリックカラーも登場

全体的な特徴として挙げられるのが、ボトルの形もカラーリングもシンプル&ベーシック。
ピュアな印象を与えるデザインが主流派だ。
2のように、チャネルが医療機関に限定されればされるほど、シンプルさが増していく。

中には、コンセプトの「ゆらぎ肌」を具現化し、繊細な曲線を刻み込んだ優雅な容器を採用している
ブランドもあるが、これは少数派だ。ほとんどはシンプルさに徹している。
敏感肌向けには過剰なデザインや派手なカラーリングはふさわしくないという「意志」が感じられる。

ただし、最近では4のように、優しい印象を与えるメタリックカラーのボトルも増えてきた。
中には、二重構造のキャップを採用し、内側と外側の着色デザインを変えることで個性を演出している
ブランドも登場している。
シンプル一辺倒だった敏感肌スキンケアの世界も少しずつ変わりつつあるようだ。

弊社では、マーケットの容器動向を踏まえて、二重キャップ、加飾や図柄の表面印刷、
箔押しなどを用いたデコラティブな容器を広く扱っております。
カジュアル容器から高級感あふれる容器まで、またサイズについてもさまざまなサイズの容器も揃えております。
独自の個性を主張できる弊社の容器にご期待ください。

★詳細情報は下記メールよりお問い合わせください
 E-mail: igweb@ishido-glass.co.jp

また、実物を東京支店にてぜひ手にとってご覧下さい。
*東京支店にお越しの際は、事前にお電話をお願いいたします。
 東京支店:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-14-18
 あいおい損保渋谷ビル6階
 TEL:03-6418-1357 FAX:03-6418-1355
 http://f.msgs.jp/r/c.do?eG_FG_C_qqt

★お急ぎの場合や、具体的なプロジェクト用としてサンプル送付をご希望の場合は、
 下記フォームからご連絡ください
 http://f.msgs.jp/r/c.do?eH_FG_C_qqt

★新製品に関する取材ご希望のメディアの方は下記メールへご連絡ください
 E-mail: igweb@ishido-glass.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング