【この一冊で英語を完全マスター!】『英語が面白くてとまらなくなる感動のマスターマップ勉強法』が発売!

PR TIMES / 2012年4月26日 14時0分



株式会社中経出版(東京都千代田区)は、2012年4月25日に新刊『英語が面白くてとまらなくなるマスターマップ勉強法』を刊行しました。



《中経出版》http://www.chukei.co.jp/language/detail.php?id=9784806143604
《Amazon》http://www.amazon.co.jp/dp/480614360X/



【「英語マスターマップ」で英語の目標を達成する!】

「英語が勉強してもうまくならない」
「何を勉強したらよいかがわからない」

英語の勉強をしていて、こういったことはありませんか?

実は、こうした方の多くが、自分にあった英語勉強法ができていないか、
英語を勉強するモチベーションが続かないかの理由で、英語の勉強を挫折しています。
そのため、自らが思うような英語力を手に入れられません。

本書は、こういった悩みを解決するために、

「TOEICテスト280点→半年で805点」
「短大をブービーで卒業→3年半で同時通訳」
「年収252万→年収1000万」

を達成した著者が、自らの経験をもとにあみだした、
英語力を劇的にのばす魔法のツール「英語マスターマップ」と
その使い方を解説する一冊です。

この1冊で、英語を通してなりたい自分を手に入れましょう!



【丸善・丸の内本店にて出版記念イベントを開催!】

本書の刊行を記念して、「丸善・丸の内本店」で出版記念イベントを開催いたします。

ゲストは、カリスマ英語講師の関 正生(せき・まさお)先生。

お2人の英語勉強の秘訣を知りたい方は、
ぜひとも、ご参加ください!

■開催日時:2012年5月14日(月)19時00分 ~
■場所:丸善・丸の内本店 3F日経セミナールーム
■定員:100名
■参加方法:要整理券(電話予約可)

お問い合わせ先:
丸善・丸の内本店 和書グループ 電話:03-5288-8881



【目 次】
序章 「現状」と「目標」を明確にしなければ英語はうまくならない
 ・短大卒業後、半年でTOEIC280点を805点にアップ! など

第1章 目標が決まれば英語の勉強は9割うまくいく
 ・目標をクリアするために必要な技能を明確にしよう など

第2章 小熊流・王道の英語勉強法
 ・トコトン「効率のよい」勉強法を追求する など

第3章 目標にあった学習プランを立てる
 ・あなたの目標達成に必要なアクションを見つけよう など

第4章 他の人はどんなマップを作っている?
 ・外資系企業に転職したい―国内メーカー勤務のAさんの場合 など

第5章 絶対に挫折しない! 楽しく前向きに英語の勉強を続ける極意
 ・英語の勉強の最大の障害となる「思い込み」を排除しよう など



【著 者】

●小熊 弥生(おぐま やよい)

同時通訳者、バイリンガルMC、英語モチベーションアップセミナー講師。

1971年生まれ。1991年実践女子短期大学国文科卒業、2004年早稲田大学社会科学部卒業。短大卒業後に通訳者を目指すも、英語力は英検4級、TOEIC280点と“平均以下”からスタートを切る。独自の勉強法を駆使し、半年後にTOEIC805点を取得して大手英会話学校主任講師に。その後、TOEIC950点、英検1級、通訳検定2級を取得し、短大卒業から3年半で通訳者デビューを果たす。

現在はフリーの同時通訳者として、経済、産業、環境、医学、エンターテイメント、政治など広い分野で活躍中。世界的ベストセラー作家のアンソニー・ロビンズ氏やノーベル物理学賞受賞者の来日公演、F1ドライバーのヤルノ・トゥルーリー氏取材、有名企業CEO来日記念取材などで通訳を務める。

2010年には『世界衝撃映像社』(フジテレビ)にレギュラー出演し、“バラエティーもできる通訳”として新たな領域を切り開く。自身の経験をベースにした「英語モチベーションアップセミナー」「超スピード学習法セミナー」では、英語学習への意欲を引き出す講演や一人ひとりの目的に合った効果的な学習プログラム作りが好評を得ている。

著書に、ベストセラーとなった『TOEICテスト280点だった私が半年で800点、3年で同時通訳者になれた42のルール』(幻冬舎)がある。



【商品情報】
著 者:小熊 弥生
定 価:1470円(税込)
ページ数:256ページ
判 型:四六判
初版発行:2012/4



【中経出版ソーシャルメディア】
●Facebookページ
http://www.facebook.com/chukeipub

●Twitter
http://twitter.com/chukeipub



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング