何歳から「高齢者」? 男女別/見た目が若い人、老けている人の違いとは?【「年寄り」と呼ばないで! 高齢者の印象「姿勢」で判断】

PR TIMES / 2014年9月10日 17時58分

2014年・敬老の日『高齢者と年齢に関する考え方と外見』アンケート調査(東京イセアクリニック調べ)



9月第3月曜日にあたる15日は「敬老の日」。今年は第一次ベビーブームの団塊世代(1947~49年生まれ)の一番年下世代も65歳を迎える年ですが、世界保健機構(WHO)が定義する高齢者は65歳以上のため全団塊世代が高齢者世代に突入します。


しかしながら国連では60歳以上、日本国内においても高齢年齢に関する法制度や政策によっても違いがある「高齢者の年齢」。
では、一般的に世の中の人は「高齢者は何歳から」と考え、「高齢者の定義とは」何と考えているのでしょうか。
また実年齢は同じなのに、見た目年齢は人それぞれ。同じ年でも老けている人と若々しく見える人の違いとは何と考えられているのでしょうか。


美容外科『東京イセアクリニック』(医療法人社団十二会/本部:東京都港区麻布十番、総院長・松本直純)では、2014年9月4日(木)~10日(水)の7日間、20~50代の男女・計158名へ【敬老の日/『高齢者と年齢に関する考え方と外見』に関するアンケート調査】を実施いたしました。


-----


≪◆敬老の日/『高齢者と年齢に関する考え方と外見』に関するアンケート調査概要≫


※詳細な調査データは、添付のPDFデータを参照くださいませ。


●【何歳から「高齢者」?】 -最多回答は「70歳以上が高齢者である」
◎女性の場合、最多回答と2番目に回答数が多かった「65歳以上」との間に約1.8倍もの差!
◎女性は「75歳以上」よりも「80歳以上」が上回る!
男性よりも女性のほうが「高齢者」をより上の年齢であると捉えており、女性全体の75%以上が65歳を超えても「自分は高齢者ではない」と認識


●高齢者の印象「姿勢」が左右 -他人を「高齢者」と認識するポイント
◎全体的に、最多回答は「膝・腰・背中など身体の曲がり」(全体の約8割が回答)
◎女性よりも、「男性」が見ている!男性の6割以上「しみ・シワ・薄毛などの外見で判断」
◎「姿勢」に続き、他人年齢の判断、男性は“シワ”、女性は“たるみ”-「肌の衰え」で高齢者と判断
◎やっぱり「髪は女の命」!男性は「薄毛」「白髪」といった髪の悩みよりも「しみ・シワ・たるみ」を、女性は「シワ」よりも「白髪」を、老けて見える特徴と捉えており、男女で“髪に対する意識の差”


●「高齢者よ、大志を抱け」 -チャレンジを忘れない高齢者は素敵!
◎「素敵だな」と感じる高齢者、男女ともに最多回答は「いろんなことに挑戦している」(全体の約7割)
◎「挑戦を続け友人に囲まれ肌ツヤがあり夫婦仲が良く自分らしい生き方を持っている」高齢者が最強!
◎女性の場合、「素敵だな」と感じる高齢者・2番目に多かった回答「肌や髪などにハリがある」(65.8%)
◎「仲の良い夫婦」への憧れは女性のほうが高い!(女性63.3%、男性41.3%と、男女で20%以上の差)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング