グループス、マンチェスター・ユナイテッドの試合観戦チケットを イギリスの子どもたちに寄付

PR TIMES / 2013年12月25日 19時5分



 株式会社gloops(本社:東京都港区、代表取締役社長:池田 秀行、URL:http://gloops.com/、以下「グループス」)は、マンチェスター・ユナイテッド財団を通じ、イギリスの子供たちにマンチェスター・ユナイテッドの試合観戦チケット42枚を寄付いたしました。


 グループスは今年7月から、マンチェスター・ユナイテッドとパートナーシップ契約を締結しており、8月には、マンチェスター・ユナイテッドサッカースクールのコーチを招き、大学生及び中学生を対象としたサッカー教室「gloops Champion’s Football School」を実施いたしました。この度の試合観戦チケット寄付も、このような両社共同のCSR活動の一環として行われました。

マンチェスター・ユナイテッド財団の最高経営責任者であるジョン・シールズ氏より、今回の寄付に関して、次のようにコメントをいただいております。

「この度は、マンチェスター・ユナイテッドの試合観戦チケットをご寄付いただき、誠にありがとうございました。マンチェスター・ユナイテッドとグループスとのパートナーシップを通じて、日本から国を越えての支援が実現されたことを大変嬉しく思います。今後とも、少しでも多くの子どもたちにサッカー観戦の機会が与えられ、彼らにとってサッカーが夢と希望を抱くきっかけとなることを願っております。」

グループスの代表取締役社長である池田秀行は次のように申しております。

「マンチェスター・ユナイテッドとのパートナーシップを通じて、イギリスの子どもたちへの支援を行うことができたことを大変光栄に思います。サッカーの試合観戦を通じて、コンテンツの創造とはまた異なった形で、楽しさと驚きを届けることができたと考えます。グループスでは、今後も社会貢献活動において、世界を舞台にした活躍を夢見る方々をサポートしていきます。」

グループスは今後も、CSR活動を推進してまいります。


■グループス×マンチェスター・ユナイテッド CSR活動オリジナルロゴ

 グループスは、マンチェスター・ユナイテッドと共に
CSR(社会貢献活動)プロジェクトを始動、オリジナルロゴを制作いたしました。
ロゴ中央のFはFootball(サッカー)、Future(未来)、Friend(友達)を、
全体を漢字の“翔”で表現しております。
“世界中の人々に喜ばれるサービスを広げていく”ことが、
ソーシャルエンターテインメントプロバイダーとしてのグループスの使命であると考えます。グループスでは、私たちと同じ理想を持ち、また世界を舞台にする活躍を夢見る青少年へのサポートを行っております。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング