インドネシア北ジャカルタで防災訓練を実施~ファミリーマートとセーブ・ザ・チルドレン・ジャパン~

PR TIMES / 2014年10月28日 15時24分

 株式会社ファミリーマート(本社:東京都豊島区/代表取締役社長:中山勇/以下、ファミリーマート)と公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(本部:東京都千代田区/理事長:上野昌也/以下、SCJ)は、インドネシア共和国(以下、インドネシア)北ジャカルタのチリンチン地区カンポン・サワ(Kampung Sawah)で、2014年10月28日(火)に、こどもたちの防災適応能力の向上を目指す「防災訓練」を実施いたします。



■ファミリーマートとSCJによる「グローバルパートナーシッププログラム」
 ファミリーマートは、1993年から店頭に募金箱を設置し、SCJによる子ども支援活動への協力を継続してきました。2013年には、その協力関係を深化させるため、ファミリーマートが事業を展開している国・地域で協働してこども支援の活動を実施していくための「グローバルパートナーシッププログラム」を締結しております。
 このプログラムを通じて、2013年度にはタイ、ベトナムで、本年は新たに、インドネシアを加えた3カ国において防災教育を展開しています。

■北ジャカルタの学校における防災能力の向上プログラム
 インドネシアの首都ジャカルタでは、これまでにも洪水などが発生し、家屋が浸水したため、避難生活を余儀なくされるなどの被害が発生しております。
 このような状況を受け、ファミリーマートとSCJは、「グローバルパートナーシッププログラム」を通じ、インドネシアでファミリーマート店舗を展開するPT.Fajar Mitra Indah社(本社:インドネシア・ジャカルタ市/代表:Andre Gunawan)とともに、北ジャカルタのチリンチン地区カンポン・サワ(Kampung Sawah)において、子どもたちの自然災害に対する防災適応能力の向上を目指すため、対象地域の小学校における避難訓練、消火器や応急処置物資などの避難キットの配布を実施いたします。
 なお、このたびの取り組みは、2014年4月に、ファミリーマート店頭募金箱を通じて皆さまからお寄せいただいた「グローバルこども募金」を活動資金として実施いたします。

【コミュニティ防災能力向上のための洪水を想定した避難訓練】
実施日時:2014年10月28日(火) 午前8時30分~午後12時30分
実施場所:北ジャカルタ、チリンチン地区、カンポン・サワ
参加者数:約1,500名
主な内容:
<避難訓練の想定シナリオ>
・豪雨が3時間続き、洪水が発生
・周囲にある3つの川の水が増水し、30cmから1.5mの高さまで浸水
・洪水は約5日間継続
・人々は避難所に避難し、5日間そこで生活する
・けが人、病気の人を含め、被災者は約1,035名
・清潔な水、食料、生活物資が不足し、病気の蔓延が懸念されている
<実施内容>
参加者はいくつかの避難所に分かれ、各避難所で以下3つのポイントの活動を行う。
・第一ポイント(早期警告システム、被災者の救助、応急処置)
・第二ポイント(被害状況の確認、けが人の病院への照会、被災者の避難管理)
・第三ポイント(避難管理、被災者の心理社会的ケア、家族との再会支援)
活動後、関係者より活動に対する評価とフィードバッグが行われる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング