「ガム・デンタルペーストAC センシティブ」*新発売               「ガム・デンタルペーストAC」 改良発売 「ガム・デンタルリンスAC」 改良発売

PR TIMES / 2014年7月31日 10時14分

歯周病予防のG・U・Mから 「歯周病によるハグキの腫れ・出血を原因から防ぎ」、「知覚過敏症状も防ぐ」*

 サンスター株式会社(本社:大阪府高槻市、代表取締役社長 吉岡貴司)は、最新の歯周医学を取り入れ歯周病菌とたたかいつづける「G・U・M(ガム)」から、歯周病によるハグキの腫れ・出血を原因から防ぎ、知覚過敏(歯がしみる)症状も防ぐ、「ガム・デンタルペーストAC センシティブ」を2014年9月3日(水)より、全国で新発売します。
 また、ハグキを活性化し、歯周病による腫れ・出血の発生を原因から防ぐ「ガム・デンタルペーストAC」、
とろみの薬用液が歯周病を原因から防ぐデンタルリンス「ガム・デンタルリンスAC」のパッケージを改良し、トータルケアで歯周病菌とたたかう「G・U・M」として、より効果的なハグキケアのために充実したラインナップになりました。




「ガム・デンタルペーストAC センシティブ」新発売
 サンスターの「G・U・M(ガム)」は、1989年の誕生以来、常に最新の歯周医学を取り入れ、お口の健康のために歯周病菌とたたかいつづけてきました。
 このたびサンスターでは、ハグキケアに対する市場の認知拡大に応え、ハグキを活性化し、歯周病による腫れ・出血の発生を原因から防ぐとともに、歯がしみる(知覚過敏)症状を防ぐ「ガム・デンタルペーストAC センシティブ」を発売いたします。
 「ガム・デンタルペーストAC センシティブ」は、硝酸カリウムが知覚過敏と呼ばれる歯がしみる症状を抑え、オレイン酸PEG (可溶化剤) 配合処方により抗炎症剤β-グリチルレチン酸が弱ってきたハグキに起こりやすい腫れ・出血を効果的に抑えます。同時にビタミンB6がハグキを活性化し、ビタミンEn*1が血行を促進、更に薬用成分CPC*2が歯周病菌を殺菌します。

「ガム・デンタルペーストAC」「ガム・デンタルリンスAC」改良発売
 発売以来、ハグキへの意識が高まりつつあるお客様のご愛顧を頂いています「ガム・アドバンスケア」シリーズは「ガムAC」シリーズとしてデザインを一新いたします。ハグキを活性化し、歯周病による腫れ・出血の発生を原因から防ぐ「ガム・デンタルペーストAC」、とろみの薬用液が歯周病を原因から防ぐデンタルリンス「ガム・デンタルリンスAC」のパッケージを改良し、この度の「ガム・デンタルペーストAC センシティブ」の新発売および「ガムAC」シリーズのリニューアルにより、歯周病予防のトータルブランドとして様々なお客様のニーズに的確に応えてまいります。                            
*1 ビタミンEn:ニコチン酸トコフェロール
*2 CPC: 塩化セチルピリジニウム

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング