1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

シモハナ物流グループ4拠点に自家消費型太陽光発電設備を導入

PR TIMES / 2021年8月31日 13時45分

初期費用0円で太陽光が導入できるPPAモデル

株式会社Looop(本社:東京都台東区、代表取締役社長:中村 創一郎、以下Looop)は、シモハナ物流株式会社(本社:広島県安芸郡、代表取締役社長:下花 実、以下シモハナ物流)およびその子会社である関東シモハナ物流株式会社の物流センター4拠点の屋根上に自家消費型太陽光発電設備を初期費用0円のPPA(電力販売契約)にて納入・設置しましたことをお知らせいたします。



[画像: https://prtimes.jp/i/58095/58/resize/d58095-58-88c4073be84d05a803d4-0.jpg ]

シモハナ物流は関東から九州に約50拠点の物流センターを運営するサードパーティーロジスティクスサービス事業者です。今回、サプライチェーンの脱炭素化のニーズの高まりを受けて、Looopが岡山県、福岡県、埼玉県の4拠点に合計1MWを超える太陽光発電設備を設置することとなりました。Looopは初期費用0円で4拠点に発電設備を設置し、シモハナ物流は発電したCO2フリーの電力を自設備内で使用し、使った分の電気代をLooopに支払います。設備の所有権はLooopが保有し、メンテナンス等を行います。導入するPCS(パワーコンディショナー)には自立運転機能が備えられており、系統停電時などでも、日照時は太陽光から発電した電力を非常用コンセントに供給をできるようなシステムになっているため、BCP対策としても有効です。


なお、本件は、環境省が実施する「令和2年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(サプライチェーン改革・生産拠点の国内投資も踏まえた脱炭素社会への転換支援事業)」の対象となっています。


今後もLooopは、脱炭素社会実現の切り札といわれる屋根上太陽光の導入促進を進めながら、PPAなど太陽光発電設備の導入等を通じて、法人のお客様の環境意識に寄り添うようなサービスの提供を目指し、再生可能エネルギーの最大普及に向けて尽力してまいります。


PPAモデルとは
第三者所有モデルとしても知られています。PPAはPower Purchase Agreement(電力販売契約)の略で、電力の需要家がPPA事業者に敷地や屋根などのスペースを提供し、PPA事業者が太陽光発電システムなどの発電設備の無償設置と運用・保守を行います。また同時に、PPA事業者は発電した電力の自家消費量を検針・請求し、需要家はその電気料金を支払います。設置した太陽光発電設備からの電力にかかる料金が、地域の電力会社から購入する場合の電力料金よりも安価になるように設定することで、需要家の支払う電気代の削減が実現できます。


【導入施設概要】
・シモハナ物流 岡山第四営業所(岡山県倉敷市)
発電容量:337.64kW
想定年間CO2削減量:約150t
供給開始:2021年4月


・シモハナ物流 鳥栖IC営業所(福岡県小郡市)
発電容量:165.60kW
想定年間CO2削減量:約72t
供給開始:2021年4月


・シモハナ物流 小倉営業所(福岡県北九州市)
発電容量:141.68kW
想定年間CO2削減量:約53t
供給開始:2021年8月


・関東シモハナ物流 岩槻第一営業所(埼玉県さいたま市)
発電容量:706.56kW
想定年間CO2削減量:約296t
供給開始:2021年4月


【会社概要】
株式会社Looop(ループ)
代表者: 代表取締役社長 中村 創一郎
所在地: 〒110-0005 東京都台東区上野三丁目 24番6号 上野フロンティアタワー
設立:2011年4月4日
事業内容:
●太陽光発電所システムの開発・販売・設置・工事・管理・メンテナンス
●自社太陽光発電所の設置・管理
●独立型太陽光発電システムと周辺機器の販売
●自然エネルギーを使用した商品の企画・開発・販売
●電力小売事業
●電力小売事業に関わる各種業務委託業太陽光発電システムの開発・販売・設置・管理
●損害保険代理店事業(取扱保険会社:三井住友海上火災保険株式会社)
資本金: 3,669百万円(資本準備金3,348百万円)※2021年3月末現在
売上高: 56,746百万円 ※2021年3月期連結
URL: https://looop.co.jphttps://looop-denki.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング