新生活準備調査2014-消費税増税の影響大!40.2%の新婚カップルが駆け込み購入-

PR TIMES / 2014年12月3日 13時9分

~リクルート ブライダル総研~

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 冨塚 優)が運営するブライダル総研では、新婚カップルの新生活準備状況について詳細に把握するために、「新生活準備調査」を首都圏、東海、関西の3地域で実施しました。ここに、調査結果の要旨をご報告いたします。

◆消費税増税の影響大。40.2%の新婚カップルが駆け込み購入し、新生活準備費用は前年調査より9.5万円増の78.1万円
◆新婚カップルのライフスタイルに変化の兆し。『夫婦それぞれの時間』を重視する妻が増加



【新生活準備費用と消費税増税の影響】……………………………………参考資料:P3~7
新生活準備費用が前年調査より増加。40.2%のカップルが消費税増税前に駆け込み購入。消費税増税が新生活準備費用増加の背景にØ新生活準備のためにかかった費用は78.1万円で、前年調査より9.5万円増加。


消費税増税の影響において、新生活準備に「影響があった」人は45.5%で、そのうち「先に購入した」人は88.5%。消費税増税前に駆け込み購入したカップルは全体の40.2%。
「先に購入した」カップルの新生活準備のためにかかった費用は85.6万円で、全体平均より7.5万円高い。
インテリア・家具の購入にかかった費用は44.6万円で、前年調査より5.6万円増加。
家電製品の購入にかかった費用は36.9万円で、前年調査より1.9万円増加。
アイテム別購入率(上位3位)

【インテリア・家具】 1位「カーテン類」(84.7%) / 2位「食器棚」(62.4%) / 3位「ダイニング家具」「自分たち用の布団」(61.4%)
【家電製品】 1位「冷蔵庫」(73.7%) / 2位「照明器具」(64.3%) / 3位「洗濯機」(60.6%)


【新居やクルマの購入実態】………………………………………………………参考資料:P8
「新居」や「クルマ」を購入するカップルは約7組に1組。結婚が大きな消費のタイミングに


新居の形態は、「購入」が13.7%。
結婚を機としたクルマの購入状況は、「新車を購入した」(10.0%)+「中古車を購入した」(4.6%)で14.6%。


【夫婦のライフスタイルに対する考え方】……………………………………参考資料:P9
新婚カップルのライフスタイルに変化の兆し。新婚生活において、『夫婦それぞれの時間』を重視する妻が09年より増加している

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング