ザータリ難民キャンプで同年代に学びを促進する子どもたち

PR TIMES / 2013年9月17日 18時50分

新学期 「バック・トゥ・ラーニング」キャンペーン -- シリア※、レバノン、イラクで日本人職員活動中・取材受付中

シリアでは新学期が始まろうとしていますが、多くの子どもたちが教育を続けることに多大な
困難を抱えています。紛争は3年目に突入し、約4000校、5校に1校の学校が、被害を受けたり、
破壊されたり、行き場を失った家族の避難先となっています。



【2013年9月15日 ダマスカス発】

◆学ぶことがままならない子どもたち
前年度以来、6才から15才のおよそ200万人の子どもたちが、避難や暴力の影響を受けて
中途退学を余儀なくされました。ユニセフは、教育省やシリアで活動する他のパートナーと
ともに、紛争の影響を受けている100万人の小学校学齢期の子どもたちを支援する
「バック・トゥ・ラーニング(再び学ぼう)」キャンペーンを支援しています。
「当キャンペーンは国内避難し教育を受けられなかった子どもたちの、入学を促進します。」と、
ユニセフ・シリア事務所のアブデル・ジェリル代表は語ります。
「子どもたちは社会を担う存在であり、学ぶことは子どもたちの健全な成長に欠かせません。
だからこそ、彼らが再び学ぶことへの支援を受けることは、きわめて重要なのです。」
(ユニセフ・シリア事務所 アブデル・ジェリル代表)


◆ユニセフならではの、革新的なサポートを
ユニセフはペンやノートなどの文房具が詰まったスクールバッグをシリア国内14の都市の
100万人の子どもたちに配布しています。そのうちの半数は、すでにラッカ、デリゾール、ホムス、
ハサケ、ダマスカス郊外など、最も支援が必要な場所に届けられるよう、配送されています。
加えて、ユニセフは「ティーチング・ラーニング・キット」を5000個、「レクリエーションキット」を
3000個、そして早期教育キットを800個提供しています。

子どもたちに対する教育の再開を促進するため、新学年の始まりを知らせる情報媒体を駆使した
パブリックメッセージ、掲示板、ポスター、チラシが、対象コミュニティーに届けられています。
今年ユニセフは、紛争の影響を受けて学校に通えない40万人の子どもたちを支援するための、
革新的なプログラムを企画しています。これらの子どもたちは家庭にいることを前提とした
自主学習プログラムを通して、支援を受けられるようになります。
このプログラムは、1年生から4年生のために企画され、アラビア語と英語、数学、そして科学に
重点がおかれています。教科書、そして、子どもたちの自主学習を助けるための、
教師と保護者に対するトレーニングが提供されます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング