デルタ航空、アトランタとニューヨーク空港のラウンジに、アウトドアのテラス「スカイデッキ」を新設

PR TIMES / 2013年2月5日 10時6分

米国を代表する建築メディア、アーキテクチュアル・ダイジェストと著名デザイナー、トム・フィリシアとの共同開発

デルタ航空は、米国を代表する建築・デザインメディアであるアーキテクチュアル・ダイジェスト(Architectural Digest)の協力を得て、デルタ航空として初の試みとなるアウトドアテラス「スカイデッキ」をアトランタとニューヨークの2ヶ所の空港ラウンジ「デルタ スカイクラブ」にオープンします。スカイデッキのデザインを担当するのは、アーキテクチュアル・ダイジェストが選定した著名デザイナー、トム・フィリシア。アトランタ空港のスカイデッキは、新国際線ターミナルのコンコースFにあるデルタ スカイクラブに隣接し、今夏オープン予定です。ニューヨークJFK空港のスカイデッキは屋上テラスで、12億ドルを投じて進めている第4ターミナル拡張工事の完成に伴い、今年5月にオープン予定です。



【米国ニューヨークおよびアトランタ、2013年1月28日】 - デルタ航空(NYSE:DAL)は、米国を代表する建築・デザインメディアであるアーキテクチュアル・ダイジェスト(Architectural Digest)の協力を得て、デルタ航空として初の試みとなるアウトドアテラス「スカイデッキ」をアトランタとニューヨークの2ヶ所の空港ラウンジ「デルタ スカイクラブ」にオープンします。

スカイデッキのデザインを担当するのは、アーキテクチュアル・ダイジェストが選定した著名デザイナー、トム・フィリシアです。アトランタ空港のスカイデッキは、新国際線ターミナルのコンコースFにあるデルタ スカイクラブに隣接し、今夏オープン予定です。ニューヨークJFK空港のスカイデッキは屋上テラスで、12億ドルを投じて進めている第4ターミナル拡張工事の完成に伴い、今年5月にオープン予定です。

デルタ航空のマーケティング担当上級副社長、ティム・メイプス(Tim Mapes)は次のように述べています。「当社初のアウトドア・ラウンジスペースの建設に際して、デザイン業界で最も知られている2つのビッグネームと共同で取り組めることを大変光栄に思います。デルタ航空ではお客様に特別感を持ってもらえる設備を提供するよう努めており、スカイデッキもその一つです。世界最大級の空港であるアトランタとニューヨークJFKにおいて、オープンエアで滑走路を見渡すことができる、これまでにない特別な空間をご提供します。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング