“環境×機能×デザイン”、ティンバーランドによる新たなエコイノベーション「アースキーパーズ(R)」 コレクションが新登場

PR TIMES / 2020年9月16日 15時45分

「ウォータープルーフ(防水)の再解釈」をテーマに、イエローブーツの新型を含め、エコ素材を積極的に活用したコレクションを展開

アメリカ東海岸で誕生したアウトドアライフスタイルブランド、ティンバーランド(運営会社:VFジャパン株式会社)は、環境負荷を最低限に抑え、より良い未来のためにともに行動するという「Nature Needs Heroes(ネイチャーニーズヒーローズ)」の理念をベースに、グローバル・クリエイティブ・ディレクターであるクリストファー・レイバーン(Christopher Raeburn)ディレクションのもと、環境配慮と機能性とデザイン性を融合させた最高峰のエコイノベーションから誕生した、「Earthkeepers(R)(表記:EK+)」コレクションを発売します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/11659/75/resize/d11659-75-481119-0.jpg ]


<Earthkeepers(R):2007年に誕生した名作ブーツの名前を復刻>
Earthkeepers(R)は、もともとティンバーランドが2007年に環境配慮とリサイクルをテーマに開発したオリジナルブーツの名称。ティンバーランドは長年、エココンシャスな素材の活用や環境負荷をかけない調達方法によるモノづくりに取り組んできました。そして今年、環境配慮に関してより高い製品基準を設け、ブランド資産でもある高いクラフトマンシップとともに循環型デザインを実現する最高峰のエコイノベーションの証としてEarthkeepers(R)の名前を復活させます。

<REIMAGINE WATERPROOF:高い防水機能を維持しつつ、環境負荷の低いエコ素材を採用>
コレクションのテーマは「ウォータープルーフ(防水)の再解釈」。ブランド創業以来、定評のある防水機能を、エココンシャスな素材を活用しながらアップデート。さらに「RAEMADE(=REMADE、リメイク)」をデザイン哲学とするレイバーンのデザインを加え、アウトドアユースにもタウンユースにもマッチするブーツ&アパレルコレクションを提案します。
コレクションの注目アイテムは、1973年の発売以来、厳しい自然環境下で働く人々やアウトドアアクティビスト、そして都市生活者から高い評価を得る、世界初の防水ブーツ(通称イエローブーツ)のEK+モデル、“EK+ 6インチウォータープルーフブーツ(男女ともに展開)”。アイコニックな雰囲気は踏襲しながら、ミリタリースタイルのストラップやキルト素材、カモフラージュプリントなどを施し、アクティブかつ洗練された装いに。
素材面では監査機関「レザー・ワーキング・グループ(LWG)」がシルバーランクに認定するタンナリー(皮革工場)から調達した高品質かつ耐久性に優れたレザーを使用。さらにTimberDRY™️(ティンバードライ™️)のウォータープルーフライニングは水の侵入を防ぎ、足を快適な状態に保ちます。アッパーにはリサイクルプラスチックを50%以上配合したティンバーランドのオリジナルエコ素材、ReBOTL™️(リボトル™️)を採用。靴底にも環境負荷の低いレスポンシブルナチュラルラバーを使用するなど、環境配慮も徹底しています。
そのほかにも100%ReBOTL™️素材で作ったシェルパーカーやオーガニックコットンTシャツ、レディース用パーカーなども展開します。

<Greener Future is Better Future:2030年に向けて加速するブランドの環境への姿勢>
ティンバーランドは今年9月、2030年までにブランドの製品づくりをネット・ポジティブにする(自然から消費した以上のものを自然に還元する)という大胆な目標設定を発表しました。具体的には、全ての製品において循環型デザインを意識し、通常は廃棄されてしまう材料 (ペットボトル、スクラップレザー、スクラップウールなど) を使って開発することで製品の寿命が尽きても再びリサイクルできるようなフレームを実現します。また、製品に使用されるすべての天然素材を環境再生型農業より調達します。環境再生型農業は、ありのままの自然を模倣して動物を放牧したりすることで、土地に休息と回復の機会を与え、自然界に見られる多様性を再現しながら、多彩な作物を確保します。

新たな時代を迎えるにあたり、よりグリーンな世界を創出するためにはサステナブルなファッションが不可欠です。ティンバーランドは今後も環境配慮に対し、効果的かつ具体的なアクションを行うことで、より良い未来の創造に貢献していきます。


【商品情報】
<MEN>
ティンバーランド(R) ヘリテージ EK+ 6インチ ウォータープルーフブーツ
•LWGシルバーランクのタンナリーで生産されたベターレザーを使用したアッパー
•ReBOTL™素材のアッパークォーターパネル
•TimberDRY™ウォータープルーフ メンブレン
•カーキ、ブラックの2色展開
•価格: ¥24,000(税抜)

エコリジナル ウォータープルーフ フィッシュテールジャケットEK+
•ReBOTL™素材シェル100%
•ジップ付き胸ポケット、ハンドポケット
•TimberDRY™ウォータープルーフ メンブレン
•DryVent™ ウォータープルーフ テクノロジー
•リサイクル素材、プラスチックトリム
•価格: ¥52,000(税抜)

エコリジナル ポケット Tシャツ EK+
•リサイクルコットン100%
•フィット:リラックス
•ジップ付き胸ポケット
•リサイクル素材、プラスチックトリム
•価格: ¥5,500(税抜)

エコリジナル オニオンキルトパンツ EK+
•リサイクルコットン100%
•ポケット:3つ
•バックル付き、左脚ジップポケット
•膝の両面にキルトパッチ
•リサイクル素材、プラスチックトリム
•価格: ¥18,500(税抜)
[画像2: https://prtimes.jp/i/11659/75/resize/d11659-75-176054-2.jpg ]


<WOMEN>
ティンバーランド(R) ヘリテージ EK+ 6インチ ウォータープルーフブーツ
•LWGシルバーランクのタンナリーで生産されたウォータープルーフのベターレザー
•ReBOTL™素材を使用したアッパー
•ReBOTL™素材のライニング
•70%バイオベースの素材で作られたフットベッド
•レスポンシブル ナチュラル ラバーのアウトソール
•価格: ¥24,000(税抜)

3-IN-1 ドライベント™ テクノロジー ロングパーカー ジャケット
•素材: 3層ツイル
•素材: ポリエステル100%
•DryVent™ ウォータープルーフ テクノロジー
•取り外し可能なインナー付き
•価格: ¥51,000(税抜)

オーバーサイズ コットン テリー クルーネック ドレス
•素材:オーガニックコットン60%、 リサイクルポリエステル40%
•フィット:リラックス
•ポケット付きコットンテリードレス
•フェミニンで着心地の良いピーチスキン加工
•ReBOTL™素材
•価格: ¥12,000(税抜)
[画像3: https://prtimes.jp/i/11659/75/resize/d11659-75-519819-1.jpg ]


【展開店舗】
全国のティンバーランド直営店およびティンバーランド公式オンラインショップ、シューズチェーンなど正規取扱店
- アースキーパーズ(R) スペシャルサイト :   https://bit.ly/2H1fi6V
※店舗により、取り扱いモデルやカラーが異なる場合があります


【クリストファー・レイバーン(CHRISTOPHER RAEBURN)について】
英国人デザイナー。「RAEMADE (=REMADE、リメイク)」「RAEDUCED (=REDUCED、削減)」「RAECYCLED (=RECYCLED、リサイクル)」の3Rをデザイン理念としており、特に、「RAEMADE」においては、布の端切れや服地を手直しし、個性的かつ機能的なアイテムへと生まれ変わらせるパイオニア的存在としても知られる。2018年の秋にティンバーランドのグローバル・クリエイティブ・ディレクターに就任。2020年より同氏のビジョンに基づくメンズとウィメンズのフルコレクションがスタート。同氏がティンバーランドに加わることで、ブランドが保有するアウトドアの伝統を尊重しつつ、デザインの境界を押し広げる前向きな世界観を提案していきます。
[画像4: https://prtimes.jp/i/11659/75/resize/d11659-75-284159-3.jpg ]


【ティンバーランドについて】
1973年創業のティンバーランドは、米国ニューハンプシャー州ストラザムに本社を構えるグローバルなアウトドアライフスタイルブランド。ニューイングランドの厳しい自然の中で働く人々のためにデザインされたオリジナル イエローブーツで世界的な知名度を持ち、現在では、スタイルにこだわるだけでなく、アウトドアを楽しみながら、自然をしっかりと守っていくという意思を持つすべての人々に、上質なフットウェア、アパレル、アクセサリーのフルコレクションを提案しています。
「ティンバーランド」というブランドの中心には、よりグリーンな未来こそがより良い未来だ、という強い信念があります。この信念のもと、責任を持って製品を製造し、自然を守り、世界中のコミュニティを元気にするための取り組みを長年実践してきました。そしてこれからも急速な環境変化に対し、効果的かつ具体的なアクションを行なっていきます。地球にポジティブな影響を及ぼせるような一歩を共に踏み出しましょう。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング